海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/フィリピンの体験談:スリにご注意!! フィリピンのスリ事情

スリにご注意!! フィリピンのスリ事情

jun@セブ
  • 2017/03/12 00:00
  • フィリピン
  • 営業
  • インターン前

4月からセブの留学サポート会社で運営、営業、マネジメントのインターンシップをします。
みなさんご存じの安くて質の良いフィリピン留学の記事をこれから書いていこうと思っていましたが.....

 

今回のテーマは「スリ」です。

これから渡航する皆さん、そしてすでに渡航されている皆さんにスリ被害を避けてもらうためにスリに合わないための知識を身につけてもらおうと思います。

 

ではなぜ私が「スリに気をつけて」と言っているのかといいますと、私はこの記事を書いているちょうど一週間前にフランスはパリに友達と旅行に行っていました。

 

 あれは夕暮れ時、モナ・リザなどが展示されていることで有名なルーブル美術館の近くの通りを私達は歩いていました。そのときは私も歩き疲れてへとへとでついショルダーバッグを後ろにかけていました(これが間違いですね)。すると後ろから女性二人組がぶつかってきて、初めは私も自分の足が遅くて歩行の邪魔になってるのかなと思い早足で前に進みました。ですがまた何かが後ろからぶつかってきてこれはおかしいと思い後ろを振り向くとその二人組の女性が私のショルダーバックのファスナーを開け財布を盗もうとしていた瞬間でした。  

何とかすんでで気づいて彼女の腕を掴みセーフでしたが、、、もう心臓バクバクでしたね(笑えねぇ)

 

てなことでスラれそうになった当事者の私からみる効果的なスリ対策フィリピンでのスリ事情を載せていこうと思います。

 

スリ対策の大きな二本柱といえば「標的にならないこと」「スラれても最小限に抑えること」です。

スリの標的にならないために

・後ろのポケットは使わない、長財布でなくコンパクトな財布を使おう!

・リュックやショルダーバッグなどを持つときは背中側に中身を回さないようにする。ファスナーのスライダーが2つある場合は自分の前方に近いほうにスライダーを持ってくるようにしましょう。右の肩にかける場合は自分の後ろから見てリュックの右側から開けられるようにします。するといざ何かが起きた時にとっさに反応しやすいです(私がスリに遭いそうになった時そうでした)。

・カフェやレストラン、レジ前での財布、スマホの置き引きには気をつけましょう。よく日本人は日本感覚で財布などを机の上に置きっぱなしにしたり裸で持ち歩いたりします。そういうとこを彼らに見られると格好の的です。ちゃんとバッグの中に入れてスマホも必要最低限は使わないように心掛けましょう。

そしてレストランではバックなどは椅子の後ろや椅子の真下に置くのではなく足元に置くようにし常に自分の見える範囲に物を置きましょう。できればカバンの肩を通す部分に自分の足あるいは椅子の足を通しておくとより安全が増します。

 

スリに遭っても最小限に抑えるために

・財布に入れるものはその国の現地通貨、クレジットカード一枚、緊急連絡先を書いたメモだけ。日本でしか使えない運転免許証、TUTAYAのポイントカードなどは別の大きなカバンに入れておきましょう。

・ズボンの前ポケットに少量のお金を入れて置き、なるべくバックの中の貴重品は外では取り出さないようにしましょう。

・スリに遭った瞬間は大声でその国の「泥棒」という言葉を発すると、誰かが助けに来るかもしれません。

 

フィリピンのスリ事情

夜のマンゴーストリート、空港付近、またジプニー(乗り合いバス)では日本人のスリ被害が頻発しています。そして、スクーターに乗ったひったくりも日常茶飯事です。彼らは金物めがけてひったくってきます。なのでネックレス、ピアスは着けない、なるべく現地の人と同じようなパンツにTシャツといった派手ではない服装で過ごすことをお勧めします。

最後に夜は絶対に出歩かないこと。

 

では皆さんくれぐれも海外での外出時にはスリに気をつけてください、では私も気をつけてインターンシップ頑張ってきます

 

 

jun@セブ

お気に入り登録数:0

このタイモブログのインターンシップ情報 フィリピン留学最大手エージェントの運営、営業、マネジメントのインターンシップ

関連するインターン情報