海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/シンガポールの体験談:※必見【海外留学と海外インターンの違いをクールビューティーが徹底解明】

※必見【海外留学と海外インターンの違いをクールビューティーが徹底解明】

ぱんだ☀
  • 2017/05/27 00:00
  • シンガポール
  • インターン後

こんにちは!

パンダ大好きクールビューティー目指してます半田です!

 

わたしは去年の9月から今年の3月まで、シンガポールのコンサルティング会社でインターンシップをしていました。

 

 

その半年間の出来事をひとつひとつ説明してたらキリがないので割愛させていただきますが

彼氏と別れたり、カードロックされたり、携帯失くしたり、既婚者に狙われそうになったり・・・笑)

21年間生きてきた中で一番濃い半年間でした。しかし今日お伝えしたいのはそんなことではありません!!

 

 

このブログを読んでいるのは、おそらくインターンに行く前だったり、インターンに興味のある方が多いと思います。

 

そこで!今回はインターンシップを終えた今だからこそ考える、

海外留学と海外インターンの(超主観的)違をご紹介します。

留学と海外インターンの間で揺れているそこの君!!ぜひ参考にしてくれたまえ

 

 



【①費用】                                       

留学に必要なお金は、

◆申込金(斡旋費用)
◆学費(入学金、授業料、教材費など)
◆生活費(居住費、食費、交通費、交際費など)
◆保険料
◆渡航費等々

国や期間によってピンキリですが、JASSOの留学実態調査によると平均で217万円(6ヶ月の場合)かかるそうです。若者を海外へ送り出そうといろいろな奨学金制度がありますが、審査は厳しく返済しなければならないものが多いのが実態です。

 

 

 

そしてインターンシップはというと、、  

◆申込金(タイモブは一律10.8万円税込わたしいろいろ比較しましたが、相当良心的です!!
◆生活費
◆保険料
◆渡航費

留学と比べると項目がひとつ減りましたね、しかしそれだけじゃない!インターンにより異なりますが、活動費が支給されます。

わたしの場合、現地でかかる生活費はこの活動費で賄うことができたので、必要な費用は〈申込金・保険料・渡航費〉だけでした。総額25万円程度だったと思います。 

 

 

 

【②関わる人】                                     

わたしは、日本から出て東南アジアの中心で、第一線として活躍している代表のもとで働くことができました。

会社の代表だけでなく仕事で関わる人やコミュニティで仲良くなる友人は働いている方がほとんどでした。

ここで実際に「働く」というのはどういうことかというのを知る機会が多いに増えたと考えています。

 

シンガポールは、日系大手企業はほとんど進出しています。就活を目前に控えた今だからこそ、現場で活躍する方の話を生で聞き、自分の抱いていた企業イメージと照らし合わせることがどれだけ大切か痛感しました。

 

将来どこに就職すればいいのかと路頭に迷っていた私ですが、このインターンシップに行った6ヶ月の間、普段は発しないようなピンク色の声で「メーカー勤務の方のお話聞きたいです☆」とか「メガバンクって部署いっぱいあるけどどうなってるんですかぁ??」等々、女子大生であることを存分に発揮して、職に関する調査を行っていました(笑)

 

一方で留学は、まず学校に通うわけですから周囲の大半は自分と同じような学生ばかりですよね。

もちろん自分と同じ価値観を持つ人がほとんどで、何のジェネレーションギャップもありませんから不自由ないと思います。

 

 

 

【③求められるもの】                                  

これも完全にわたしの主観的な考えですが・・

〈留学〉

 ◆受け入れ先(学校)が我々に求めるもの▶︎▶︎??成績?そもそも存在するかどうかも不明瞭・・)

 

〈海外インターン〉

◆受け入れ先(企業)が我々に求めるもの▶︎▶︎戦力

 

留学は学校もビジネスですから、受け入れれば利益が出ますよね。

 

企業側はインターン生を受け入れることで、利益は得られません(シンプルに我々が企業にお金を払う訳ではないから!)

彼らは仕事をしていて、インターン生にもそれなりの教育時間を割いています。

お互いにWinWinの関係を築くためには、我々が戦力とならなければなりません。

(学生を受け入れることでwinwinの関係を築くのはそう容易くないのですが・・泣)

 

 

そうです!インターンをする際に心がけなければならないのは、自分自身もその企業のチームの一員となり、事業を作り上げたり売上を伸ばしていったりするということ。

 

ただ勉強するだけでは、受け入れ先企業にとって不利益になってしまいます。

 

 

 以上、どうでしたか?偉そうに長々と記述しましたが、わたし実際留学に行っていません(笑)

 

 

ここだけの話ですが、両親は留学推進派で、わたしはそれに強い違和感を感じていました。

そこで海外インターンに行った先輩の話を耳にして、興味を抱くようになりました。

両親を説得する際、パワーポイントに留学と海外インターンを比較して、

 

海外インターンって馴染みないけど、こんなに長所がたくさんあるんだよ!!

 

とちょうど1年前ぐらいにプレゼンしたのを覚えています。

 

 海外インターンに今一歩踏み出せないそこのあなた!留学と迷っているあなた!

ぜひ半田にご相談ください☀️

 

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

ぱんだ☀

お気に入り登録数:3

このタイモブログのインターンシップ情報 シンガポールと日本、東南アジアを繋ぐ!海外進出支援を担うインターンシップ

関連するインターン情報