海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/インドの体験談:インド体験談⑭自分と向き合った二週間

インド体験談⑭自分と向き合った二週間

竹島 瑠里
  • 2018/02/09 00:00
  • インド
  • インターン後

こんにちは!愛知県にある南山大学の三回生人文学部の竹島瑠里です。

今回わたしは、年末年始にインド合宿に参加してきました。

 

member_blog_2315_5a7d39f139c0e.jpeg

 

海外に行った経験はあったけど、今回初アジアということで、渡航前には今までに感じたことのない不安を体験しました!そんな中で行ったインド合宿がどんなものだったか紹介していきたいと思うので、よろしくお願いします。 

 

【目次】

1.合宿参加理由

2.インド合宿で学んだこと

3.合宿前と後で変わったこと

4.これから何挑戦する人へ一言

 

 

 

1.合宿参加理由

参加した理由は、惰性的に日々を過ごしている自分に何か変化がほしなと思ったからです。

そういう風に考え始めてから、何をしようかと考えたときにアジアに行きたい!ってまず頭に浮かびました。

 

だけど、旅行に行くだけだったら楽しかった~って言って終わるのが目に見えているから、インターンという枠組みで探し始めてこのインド合宿に出会いました!なので、そんな大きい志を持って参加に挑んだわけでもなく、本当に何も考えずにほとんど勢いで参加を決定しました!!

 

 

 

2.インド合宿で学んだこと

①目標をたてる

合宿中には毎朝、自分のその日の目標を設定していました。

なあなあで生きてきた自分にとっては目標を定めるってこと自体がすごく新しいことで、どんな目標をたてればいいの?っていう状態でした。

 

だけど、目標をたてることで1日が引き締まるというか、目標達成にむけて考えて動かないといけないので、毎日が質の高いものになったように感じました。だから、日本に帰ってきてからも密かに、毎朝どんな小さいことでもいいから目標を設定するようにして、1日をスタートしています!

 

 

②実際に見て見ないのわからない!

インド合宿に行く前は、インドは蒸し暑くて11食はカレーを食べて、治安が悪いというイメージを持ってました。これらはテレビやインターネットなどのメディア、または人から聞いた話しから無意識的にイメージしていたのだと思います。しかし、実際にインドに行ってみると、偏った見方をしていたことに気付かされました。

 

実際には、そこまで暑いわけじゃなく、朝と夜は肌寒いって感じたし、インド料理はカレーだけじゃなくって他にも美味しい料理がありました。特に治安の面では、昼間に出歩く分には危険だと感じることはなかったです。

 

オートリキシャを頻繁に使ったけど、だいだいの人は本当に親切‼︎

 

行く前と後ではだいぶインドの印象が変わって、日本で出回っている情報なんて信用ならんなって思いました(笑)そこから学んだことは、どんなことにおいても、周りからの情報は信用しきってはいけないってことと、やっぱり気になったらその環境に飛び込んで自分の目でみて体験してくることが重要なんじゃないかなっていうことです。

 

 

③強みを伸ばす

人にはそれぞれ強みと弱みがあると思いますが、だいだいの人は弱みをなくそうと努力をする。

私もそう考えていて、どうやったら改善できるんだろうと弱みにばかり目を向けていました。

 

だけど、そうじゃなくて自分の強みを伸ばすことが大事なんだっていうこを教えてもらいました。

 

 

 

3.合宿前と後で変わったこと

member_blog_2315_5a7d88cf0c563.jpeg

 

「自分の人生に責任をもつ」っていうのは、当たり前のことで自分もわかっているつもりだったんですけど、今回のインド合宿で「えっ!!私自分の人生で大きい決断をしてきてない!!」ということに気づかされました。

 

というのも、高校も大学も本当は自分が行きたいところが別にあったのに、最終的には人に流されて決めてしまっていました。そういったことの積み重ねでいつのまにか「しょーがないな」っていう言葉に託けて誰かに選択を任せて責任を放棄していたように感じます。だけどインド合宿でたくさんの人と話すと、みんな自分の意思がしっかりしていて、自分の人生を自分で切り開いてる感じがして「カッコいいな!こんな風に私も生きたい!」っていう気持ちがすごい出てきました!!

 

そこで、一番近い将来に自分の人生を左右する選択をしなきゃいけないのは就職なので、「これは誰にも流されずに、妥協せずに、本気で自分で決めるぞ!!」っていう覚悟をインドで得ることができました。

 

その想いを胸に帰国後から今も就職活動頑張ってます!!!つまり、合宿前はなんとなくなあなあに生きてきて、それでいいやと思ってたんですけど、合宿に行ったことによってもっと思いっきり自分の人生を謳歌したい!と思うようになりました。

 

 

 

4.これから何かに挑戦する人へ一言

 member_blog_2315_5a7d8901b4ca8.jpeg

 

何かに挑戦するときに、不安や怖さがやってくると思います。

 

だけど、何に対して不安や怖さを持っているのかって具体的に考えてみると、心の整理がされて一つ一つ乗り越えていこうって思えるようになると今回のインド合宿で感じました。つまり、何を伝えたいかって、不安と向き合う時間をしっかり設けたら、いろんなことに挑戦しやすくなるのではないかなと思います!!

 

以上、竹島瑠里でした!!

 

 

竹島 瑠里

お気に入り登録数:1

このタイモブログのインターンシップ情報 年末年始インド合宿「自身の未来予想図を描け!」inバンガロール(更新済み201...

関連するインターン情報