海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/インドネシア巨大バイク市場を開拓するローカル向け事業開発インターンシップ

インドネシア巨大バイク市場を開拓するローカル向け事業開発インターンシップ

/

世界有数のバイク人口を誇るインドネシアを舞台にバイクサービスの分野で急成長を遂げているベンチャー企業でのインターンシップです。“困っている人を助ける”を原点として、ライダーの役に立つ会員サービスをインドネシアで 全国展開しています。希望に応じて多方面の仕事が経験出来ます。

  • 期間:2~3週間,1、2ヶ月以上
  • インドネシア
  • 新規事業 / 拠点立ち上げに挑戦する,企画・マーケティングに携わる,過酷な環境に飛び込む,複数職種に携わる

インターンシップ内容

日本での経験を活かし、ロードサービスや保険などのバイク会員制度運営やバイクレーシング教室などの業務をインドネシア人向けに行っている会社です。仕事内容は当社の業務範囲の中で、インターン生の希望に応じてオーダーメイドでアレンジします。

<インターンシップ例>
1) バイク会員サービス内容の検討、開発 
2) バイクディーラーへの営業回り(ジャカルタ市内/地方)
3) 新規サービス拠点開発/既存サービス拠点回り(ジャカルタ市内/地方)
4) バイクロードサービスの現場出動
5) バイクレーシング教室への参加/運営/見学
6) 本社管理部署での業務(経理/総務/人事/会員管理/保険業務など)
7) 社長直下での経験(現地法人社長/ジャカルタ出張時の日本法人社長)

全国39ヶ所にサービス拠点があり、日本人が住んでいないような地域も多数あります。地方出張のチャンスがあれば通常のインターンでは感じることのできない完全ローカルな貴重な経験ができると思います。

現地法人社長はバイクレーサーから社長に転じたユニークな経歴ですし、日本法人社長は大企業勤務、ベンチャー企業で上場、海外起業など経験豊富です。これから社会人として長い人生を踏み出していくインターン生にとって、大いに参考や刺激になることがあるはずです。

 

インターン内容①     インターン内容②

身に付く力・得られる経験

国籍も宗教も考え方が異なる人たちとどのように仕事を進めていくか試行錯誤する経験は、将来グローバル企業で多国籍の人たちと働く場面に活かせます。
また、新興国で日常的に起こるトラブルに対処していくことで、どんな場所でも動じずに問題解決に取り組むタフな精神力が身に付きます。

BtoB(企業から企業へのビジネス)企業のインターンシップが多い中、2.5億人と世界第4位の人口を誇るインドネシアの一般消費者向けにサービスをいかに拡大していくかというBtoC(企業から一般消費者)は、海外で働くことの素晴らしさと大変さを深く理解してもらえると思います。

なお、希望者は地方出張などを通じてお腹を簡単に壊さない鉄の胃袋になることも可能かもしれません。

 

身に付く力     得られる経験

こんな人を求めています

・チャレンジ精神旺盛な何でも見てやろう、やってみようという意欲の高い方。
・アジアの新興国でBtoCのビジネスの現場に飛び込みたい方。
・ベンチャー企業や起業に興味のある方。
・新しいビジネスプランやスキームの提案を行ないたい方。
・バイクや自動車などの乗り物が好きな方。
・損害保険分野に興味のある方。
・東南アジアに興味のある方。
・普通の人生はつまらないと思っている方。

募集要項

インターンシップ先国
インドネシア
インターンシップ先都市
ジャカルタ(職種により地方出張あり)
インターンシップ期間

2週間から1ヶ月くらい中心、最長2ヶ月くらいまで

インターンシップ日数、時間

月曜~金曜、8:00~17:00
土日祝休み

報酬・手当

なし(空港送迎の実施とご要望に応じて滞在ホテルやアパートの手配を行うことは可能です。)

必要なスキル・資格

・語学力
  英語が日常会話レベル以上だと働きやすくなります。
  もちろんインドネシア語ができれば完璧です。

・パソコン力
  エクセル・ワードなど最低限のパソコンスキルで十分です。

・ポジティブ力
  常に前向きに考え行動できる根性や明るさがあると楽しめます。

担当者からのメッセージ

「海外マーケットでそこの国の人たちへ向けたビジネスに関わりたい」方にとってインドネシアの一般消費者をビジネス上のターゲットとしている弊社は最適なインターンの選択肢の一つとなると思います。
まだ新興国のインドネシアはサービス業が発展しておらず、豊富な人口を有している国なので多くの顧客を獲得できるチャンスの多い潜在的なマーケットとしてとても魅力的な国です。
日常的に様々な事態が発生して大変な面がありますが、会社のみんなで解決方法を手さぐりで探したり、陽気でフレンドリーなインドネシア人たちと一緒に働く経験は楽しく貴重な経験になります。

企業紹介

企業紹介

 

日本では20年以上の事業経験と国内4メーカー(ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキ)すべてのオフィシャルサービス会社としての経験活かし、2012年からロードサービス・保険などのバイク会員サービスをインドネシアとベトナムでも展開している企業グループです。今回はカワサキ社、ヤマハ社とオフィシャルサービス契約をしているインドネシア現地法人での募集となります。

事業内容
・バイクロードサービス、保険の会員制度運営コンサルティング業務
・バイクレーシング教室運営コンサルティング業務(ロードレース)
・その他バイク関連ビジネスコンサルティング業務
従業員数
190名(日本人3名、インドネシア人187名)
使用言語
"社内:日本語10%、英語10%、インドネシア語80%
(社内での会話はインドネシア語となっていますが、基本的な英語は通じますので英語での代用が可能です。)

社外:日本語10%、英語20%、インドネシア語70%
      
※基本的に単独行動することはなく、日本語もしくは英語ができるスタッフが同行しますので心配いりません。"
経営者プロフィール

<現地法人社長>
バイクレーサーから現地法人社長に転身した若干32歳の何事にも全力投球のチャレンジャーな若手経営者です。日本語しか話せなかったのにジャカルタに転居して4年となり、これほどインドネシア各地を訪れた日本人駐在員はいないのではないかというほどの地方出張を経験しています。

<日本法人社長>
メガバンクに10年勤務後、ベンチャー企業に転じ、営業管掌役員としてマザーズ上場と東証一部上場を経験、その後、その上場企業子会社3社をマネジメントバイアウト(MBO、経営陣が参画する企業買収)することで独立し、インドネシアとベトナムで海外起業(現地法人設立)するなど様々な面白い経験をしています。(毎月2週間程度ジャカルタに出張しています。)

タイモブからのメッセージ

メーカーやバイク市場は今後アジアで必ず勝っていかないといけない!そんな思いを旨にインドネシア現地人向けのバイクサービスの営業に奮闘します。ローカル向けのサービス創りに挑戦したい方にオススメのインターンシップです!熱く燃えることのできるフィールドを求めている方・将来アジアで事業を作ることを考えている方に是非行って頂きたいインターンシップです!

このインターンに応募する タイモブに相談する
応募する 相談する