海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブインフォ/【7/16開催】もし10代の女の子がアフリカ起業家にインタビューしたら

【7/16開催】もし10代の女の子がアフリカ起業家にインタビューしたら

/

「アフリカって貧しいの?」「日本とアフリカの違いは?」10代のインターン生による、アフリカ起業家への根掘り葉掘りなインタビューを実況中継!みなさんが気になっているけど普段聞けないようなアフリカのリアルな話を、学生インターン生が代わって、トーゴの起業家へ聞きまくります。アフリカのリアルを、若者目線でお届けします!

  • トーゴ
  • イベント情報

【7/16開催】もし10代の女の子がアフリカ起業家にインタビューしたら

「アフリカって貧しいの?」

「お金があれば豊かですか?」

「日本になくてアフリカにあるものは何ですか?」

 

もし10代の女の子がアフリカ起業家にインタビューしたら。メディアで知るアフリカは、どこか可哀そうな人たちが多いイメージがあって、お腹がポッコリ出てる子どもたちの写真が思い浮かびます。

 

「実際のところ、どうなのか」、アフリカドッグスのインターン生・エステベス高嶋エレナ(19)が、最貧国のひとつトーゴ共和国で現地法人を設立している中須俊治に迫ります。若者目線のインタビューをお届けします。

 

 

<インタビューする人>

エステベス高嶋エレナ(えすてべす・たかしま・えれな)

 

2001年、東京生まれ。幼少期から高校卒業まで東京で暮らすも、家族の影響で広い世界への関心を抱く。面白いことがしたい一心で高校2年生の時にはカンボジア視察やインドネシア・バリ島でのインターンシップに参加。以後、「みんなが笑って生きれる世界をつくりたい!」との思いから国際開発を学ぶことを決意。2020年9月からはイギリスのEast Anglia大学国際開発学部に入学することが決まっている。現在は新型コロナウイルスに立ち向かう医療従事者への感謝を伝えるプロジェクト「命の鐘アクション」に賛同し、Instagramで若者を中心に幅広い世代の人へ発信しながら、株式会社AFURIKA DOGSの第1期インターン生として活動中。

 

 

<インタビューされる人>

中須俊治(なかす・としはる)

 

1990年、京都生まれ。滋賀大学経済学部卒業。株式会社AFURIKA DOGS・代表取締役社長。重彩プロデューサー。「みんなが笑って過ごせる世界をつくる」ために日本とトーゴ共和国を往復し、エウェ族と京都の職人の染色技術を重ねて、商品開発している。大学在学中に単身アフリカへ渡航し、ラジオ局のジャーナリストとして番組制作に携わる。大卒後、京都信用金庫に入社。嵐山地域で営業を担当した後、独立・起業。モットーは他力本願、2児の父親。著書に『Go to Togo 一着の服を旅してつくる』(烽火書房)。

 

<開催日時>

2020年7月16日(木)19:00~20:30

 

<こんな人にオススメ>

・アフリカ現地のリアルな話が知りたい
・アフリカでの起業体験を聞きたい
・10代の目線でのアフリカを聞いてみたい
・オンラインでのインターンシップのリアルが聞きたい

イベントに参加する

関連タイモブログ

pagetop

PAGE UP