海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブインフォ/7/26 「気候変動と貧困」〜〜マイクロファイナンスが取り組める事〜〜 五常・アンド・カンパニー×su-re.co×Tiger Mov

7/26 「気候変動と貧困」〜〜マイクロファイナンスが取り組める事〜〜 五常・アンド・カンパニー×su-re.co×Tiger Mov

  • 虎の知恵

7/26 「気候変動と貧困」〜〜マイクロファイナンスが取り組める事〜〜 五常・アンド・カンパニー×su-re.co×Tiger Mov

「脱・SDGsウォッシュ」、「なんだ、かんたんでした。気候変動。」、「なんだ、かんたんでした。気候変動適応策。」「なんだ、かんたんでした。SDGs対談」と4回イベントをこれまでに実施して、累計500名以上の方に機会をお届けしているシリーズの第6弾!

 

今度のテーマは、「気候変動と貧困」です。

 

低所得者層や貧しい人々に融資、預金、保険といった金融サービスへのアクセスを提供するマイクロファイナンス

また、貧困、ゴミ問題、飢饉、災害といったいずれの問題にも、気候変動やエネルギーを含めた持続可能な開発目標(SDGs)が密接に同時に関わっており、気候変動と貧困の関連性が非常に深いと言われています。

 

その問題に対して、世界を変えるべく活動する2名のリーダーに、世界を変えるために何をしているのかをお話しいただきます。

金融サービスは貧困問題を解決するためにどのような価値があるのか。じっくり語っていただきます。

 

2030年までに民間版世界銀行を作る五常・アンド・カンパニー株式会社の慎 泰俊(シン・テジュン)CEOをゲストにお迎えします

 

今回も素晴らしいゲストをお迎えしてお届けします!

タイガーモブの気候変動プログラムのパートナーでもある、オックスフォードの環境学博士取得でもある、高間さんとモルガン・スタンレー、日本でも非常に有名なNGO Living in Peaceの代表を務め、現在五常・アンド・カンパニーの代表を務めるシン・テジュンさんと対話をしながら進めていきます。

 

イベント途中で、皆さんからの質問はチャットで随時受け付けます。

非常に大人気なイベントになること間違いなしですが、定員は500名となっております。

是非お見逃しのないようにお願いします!

 

イベント終了後には、SDGsが皆さんにとって身近な問題であること、皆さん一人一人にもできることがたくさんあると感じてもらって終了できるような状態にしたいと思っています。

また、イベントにお申し込みいただいた方には、当日の録画データの配信も行います。

当日参加いただけない方も後日録画データをご覧ください。

当日参加された方のみ、ダイレクトに質問することも可能です。

当日の参加枠は限定500名。定員になり次第、参加を締め切りますので、ご了承ください。

 

 

<登壇者プロフィール> 

慎 泰俊(シン・テジュン)


五常・アンド・カンパニー株式会社 代表取締役社長/認定NPO法人 Living in Peace創業者
モルガン・スタンレー・キャピタル、ユニゾン・キャピタルを経て起業。2020年6月現在、4カ国で60万人以上にマイクロファイナンスを提供している。2007年にLiving in Peaceを創業、2017年まで理事長を務めた。

 

 

高間 剛さん(Dr. TAKAMA)


1973年愛知県生まれ。英国オックスフォードの環境学博士取得(オックスフォード神戸奨学生)。経済環境学博士。インドネシア・バリを拠点とする環境シンクタンク su-re.co CEO。気候変動・環境分野の専門家として、JICA、国連、アジア開発銀行、ドイツ政府、スウェーデン政府、欧州連合など40以上の国際プロジェクトに従事。また、環境シンクタンク・ランキングで世界1位であるストックホルム環境研究所のアソシエイトと、バリ島ウダヤナ大学の客員教授も兼務している。普段は、サーフィンと園芸をこよなく愛し、ツリーハウスを作る事が実益もかねた最大の趣味。

 高間さんのLinkedinはこちら

>> https://id.linkedin.com/in/takama/ja

 

中村 寛大(KANDAI NAKAMURA)

1989年、栃木県さくら市生まれ。立教大学卒。組織コンサルタントとして、日系大手素材メーカー、外資系化粧品メーカー、外資系IT企業の採用活動、組織開発コンサルティング事業などに取り組み、エグゼクティブプランナーとして経営に参加しつつ、新規事業開発案件やM&A案件なども手がける。その後、ECにてドロップシッピングサービスを手がけるベンチャー企業にて執行役員として経営に参画。約2年間、前職で培ったHR領域だけでなく、マーケティング、商品開発、財務・経理など事業会社で幅広く実務、マネジメントを経験。

キッカケとなる体験・経験の価値を身をもって感じ、タイガーモブへジョイン。タイガーモブでは、事業全てに責任を持つ何でも屋。クラーク高校で講師をつとめ、社員シェアリングサービスTonashibaでは監督も務める。

 

 

<こんな人は是非ご参加ください!>

「SDGsについて興味がある」

「NGOで活動するための方法が知りたい方」

「社会問題を軸に仕事をすることの面白さを知りたい方」

「気候変動と環境問題に関心がある方」

「実際に気候変動がらみでアクションを起こしてみたい方」

「何らかのアクションを起こしたい」

 

 

<開催日時>

2020年7月26日(日)19時〜21時

※開催終了

録画配信はこちらから 

 

 

<プログラム詳細>

・五常・アンド・カンパニー株式会社とsu-re.coの簡単な説明

・対談(「気候変動と貧困」〜〜マイクロファイナンスが取り組める事〜〜 )

・質疑応答

・su-re.coからお知らせ

 

<関連プログラムのご紹介>興味がある方はテキストをクリックし詳細をご覧ください。

持続可能な社会を目指し誰もが行動が起こせるようになる実践型SDGsサロン「su-re.community」 

 

<協力企業>

Su-re.co(Sustainability and Resilience.Co)は、2015年に設立されたインドネシアのバリ島に拠点を置く環境社会的企業です。気候変動の適応と緩和を専門としており、JICAや国際機関など多くの国際的プロジェクトに参画しています。また、”Think”タンクとしてではなく、”Do”タンクとして、現地のパートナーと実際にアクションを起こすプロジェクトにも取り組んでいます。そして、"Be"タンクとして、教育的イベントやプロジェクトを通して、私たちの環境にやさしいオフィスや"Do"タンクの持続可能な活動を社会へ広げていっています。この活動を「地球に対するギフト・メイキング」とし、賛同する大学生が世界中からギフトメーカーとなるべくとして、年間30名ほど4ヶ月滞在する。

 

 

関連タイモブログ

pagetop

PAGE UP