海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/ウガンダでラストマイルデリバリーを提供するスタートアップでの新事業に携わるインターンシップ

ウガンダでラストマイルデリバリーを提供するスタートアップでの新事業に携わるインターンシップ

/

ウガンダにおいて、バイク便サービスおよびオンラインマーケットプレイスを運営するスタートアップ企業でのインターンシップです。ウガンダの物流状況を改善し、現地の人々の便利な暮らしを支えたい。そんな想いに共感する方のご応募をお待ちしています。

  • 期間:1、2ヶ月以上,3ヶ月以上,半年以上,約1年
  • ウガンダ
  • 新規事業 / 拠点立ち上げに挑戦する,企画・マーケティングに携わる,過酷な環境に飛び込む

インターンシップ内容

◆会社概要

私たちは、東アフリカのウガンダにおいて、ラストマイルデリバリーサービスを提供するスタートアップ企業です。

住所システムの無い国で、ウガンダ全国136県全域でのラストマイルデリバリーを提供しています。

顧客のニーズに柔軟に応え、通常の宅配便からオンラインショッピングとの提携、スーパーと提携した買物代行など、サービスの幅を広げています。また、新規事業として、ウガンダの人々の生活を支えるキオスク(日本のコンビニエンスストアのような日用品や食料品が購入できる個人商店)などと連携し、新しい形の持続可能性の高い流通エコシステムの起ち上げを行っています。買い手と売り手が結びつく新しい形のショッピングスタイルをアフリカ・ウガンダから発信できたらと思っています。

圧倒的な勝者のいない未成熟な市場だからこそ、ゼロから新しい事業を生み出す潜在性があります。地元のお客様のニーズに丁寧に応えながら、市場を創造する経験を得たい方は、ぜひ応募ください。これまで過去6年で約15名*のインターンが弊社で経験をしています。中には裁量の大きい活動を任される方もおります。(*以前の人材育成事業含む)

 

 

◆ウガンダの流通

東アフリカの内陸に位置するウガンダは、ケニアのモンバサ港から、ウガンダに加え、ルワンダ、コンゴ民主共和国東部、タンザニア西部、南スーダンなどの周辺内陸国・地域をつなぐ中継地として、東アフリカ地域の物流の要衝となっています。

とりわけ首都カンパラ市では、急速な人口増加及び経済成長に伴い、周辺国や地方から運び込まれる物量が年々増加傾向にあります。この発展を支えていくためには、国内における物流インフラの整備が不可欠です。しかしこの国では、適正かつ明確な価格で提供される、安全・安心な宅配サービスがまだ存在しません。

ウガンダの物流状況を改善し、現地の人々の便利な暮らしを支えたい。そんな思いから、私たちのバイク便事業は生まれました。主要交差点及び道路で交通渋滞が深刻なカンパラ市においては、いち早く宅配便を届ける手段はバイクであり、法人顧客からも個人顧客からも、需要が高まっています。

 

 

【インターンシップ内容】

 ※スキルや経験、本人の意向を元に相談となります。

 

 

◆新規事業立案・実施

・新規事業に関わる地場マーケットでの調査、顧客インタビュー

・トライアルサービスの実施

・新規事業の認知度アップのためのマーケティング活動(フィールドマーケティング及びWebマーケティング)

※ビジネスの可能性を調査し、試験的に実施し、オペレーションを改善しながら、軌道に乗せるまでの一連の流れを経験する事も可能です。

 

 

◆その他

・宅配オペレーション業務の改善提案および遂行

・各種フィールドリサーチ(宅配業界における競合他社調査、宅配サービスの可能性検討の調査等)

 


     

身に付く力・得られる経験

・途上国かつスタートアップというハードな環境で、柔軟に対応しながら結果を出す自信

・言われた事をこなすだけではなく、自分自身の頭で考え、顧客やチームメンバーとの対話を通して、周囲を巻き込みながら、事業・サービスを作り上げる経験(スキルと能力が伴えば、1つのプロジェクトを丸ごと任せる事も可能です。)

・途上国(アフリカ)の現場で、地場企業への法人営業などを通して得られるアフリカビジネスの勘所、肝

・新規サービスをゼロからチームで創り上げる経験

 

スタートアップの時期への参画という事もあり、身につく力、得られる経験は自分次第です。 長期できちんとコミット頂ければ、アフリカに限らずグローバルで通用するプロフェッショナルの経験、様々な環境でプロとしての仕事を遂行できるサバイバル力が身につくと思います。 日々の活動は、地道な活動、泥臭さ、忍耐の積み重ねです。 一方で、急成長を遂げるウガンダでのスタートアップビジネスは、先進国では味わえないジェットコースターのような激動を味わう事ができるはずです。

こんな人を求めています

・日本やその他先進国のビジネスの常識が全く通用しない現場で、自分の力を試してみたい方

・途上国の未整備な状況で新たなサービスを起ち上げるのに興味のある方

・アフリカならではのビジネスの難しさと可能性を知りたい方

・ビジネスの現場で活かせる実践的なスキルを学んでみたい方

・英語での実践的かつ効果的な営業力を身につけたい方

募集要項

インターンシップ先国
ウガンダ
インターンシップ先都市
カンパラ
インターンシップ期間

原則1か月以上*

(2020年3月以降の早い時期歓迎。2020年通年で募集。)

*最低でも1か月以上となります。社会人経験のない学生の場合は3-6か月以上を推奨します。(学生の場合は長期で関われる方を優先致します。)

インターンシップ日数、時間

平日(月曜~金曜):9:00-18:00

土曜:9:00-13:00

※ウガンダの休日に準ずる

基本的に上記の時間となりますが、顧客の都合等により若干前後する場合があります。

 ※事前相談していただければ、旅行やイベントで抜けることも可能です。

報酬・手当

現地での交通費支給

 

【住居】

こちらで、日本人の運営するシェアハウスを紹介する事もできます。

(個室貸与、月250USD程度)

ご自身でFacebookのコミュニティなどを通じて探して頂く形でも構いまいません。

※治安の関係上、住まい及び周辺の確認をする事、ご了承ください。

必要なスキル・資格

・ポジティブな学習・成長意欲と根気

・業務において、現地スタッフと支障なくコミュニケーションが取れる程度の英語力(法人営業、新規事業開拓などを希望する場合は、ビジネスシーンで交渉できる程度の英語力が必要となります。)

 

その他、以下があると望ましいです。

・基礎的なビジネスマナー (ビジネスメールや電話対応、挨拶、顧客対応、基礎的なワードやエクセル・PC操作など)

・指示を待たなくても、自分で考えて主体的に仕事を進められる力 (社会人経験のない方は、学生団体やインターンなどで他人に指示を出した経験などがあると望ましい。)

 

応募に当たって、下記書類をご用意ください

  1. 履歴書(日・英どちらでも可)
  2. 職務経歴書(社会人のみ対象)

3. アピールレター
 (インターンの志望動機、なぜアフリカなのか、インターンで達成したいこと、インターンを通じて世の中に貢献したいこと等をA4に1-2枚纏めたもの)

担当者からのメッセージ

『弊社では、日々お客様の需要を聞きながら、物流に付加価値を付けた新たなサービスの開発・試行を行っています。途上国やアフリカへの興味だけでなく、サービスの開発・導入・試行の全てを経験したい方には良い機会になるかと思います。』

 

企業紹介

◆ビジョン/ミッション

 Establish a society that everybody can deliver goods in safe, convenient and whenever they want.

事業内容
・バイク便サービス
・オンラインマーケットプレイスの運営
従業員数
約20名
使用言語
英語
(社内の日本人スタッフとの会話は日本語でも構いませんが、現地スタッフ、対顧客等とのコミュニケーションは英語となります。)
経営者プロフィール

1982年神奈川県生まれ。外資系コンサルティング会社にて業務改革、グローバル展開の仕事などに従事。在職中にコーポレートボランティアとしてケニアの田舎町にて現地NGOへのコンサルティング(9か月)をきっかけにアフリカへ関心を持つ。2013年に東アフリカ諸国の医薬品サプライチェーンの拡大戦略策定のプロジェクト責任者に従事。

仕事の傍ら、SVP東京のパートナーとして3年間、社会起業家へのプロボノ支援を行う。

2014年1月より拠点を東アフリカに移し、同年6月にウガンダにWBPF Trainingを起業。現地社会人向けの人材育成・コンサルテーションなどを行う。

2016年にウガンダ全域でラストマイル宅配サービスを行うCourieMateを起ち上げ今に至る。

 

・Book&Apps『ウガンダでのバイク便事業について』(2017/8/1)

 http://blog.tinect.jp/?p=41919

・The South『日本人がウガンダで取り組む 宅配サービスのアップデート』(2019年8月)

 https://thesouth.jp/230/

・トジョウエンジン(2015年2月)

 http://eedu.jp/blog/2015/02/06/wbpf-training/

・ビジネス+IT(2015年4月27日) アフリカの経済成長に何が必要? アクセンチュア出身の起業家 伊藤 淳氏が語る

 http://www.sbbit.jp/article/cont1/29628

 

タイモブからのメッセージ

アフリカの可能性を信じ外資コンサルを辞め、事業家への道を進んだ伊藤さんの元でのインターンシップ。アフリカでバイク便サービス事業の営業やウガンダ人の方々との会社創り、日本では想定出来ないが起こりながらも、着実に物事を形にしていくことに挑戦したい方に 行って頂きたいインターンシップです。

このインターンに応募する タイモブに相談する
pagetop

PAGE UP

応募する 相談する