海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/【オンライン】トーゴの高級布と京都の伝統技術をつなぐ起業家直下でのオンラインプロジェクト

【オンライン】トーゴの高級布と京都の伝統技術をつなぐ起業家直下でのオンラインプロジェクト

/

世界最貧国のひとつ、西アフリカ・トーゴで唯一の日本人起業家として、最高級品である民族布と世界から評価を受ける京都の伝統技術を組み合わせたオーダーメイドブランドを運営しています。ひとの手の温もりを感じることのできるものづくりを通じ、「みんなが笑って過ごせる世界」を目指す事業の仲間となる方を募集します!

  • 期間:1、2ヶ月以上,3ヶ月以上,半年以上,約1年,日数・時間が相談可
  • トーゴ,オンライン
  • 経営者の右腕になる,社会課題解決/SDGsに挑む,新規事業 / 拠点立ち上げに挑戦する,企画・マーケティングに携わる,海外と日本をつなぐ

インターンシップ内容

◆トーゴの高級布と京都の伝統技術をつなぐ起業家直下でのオンラインプロジェクト

みなさんは、トーゴという国をご存知でしょうか。西アフリカの小さな国、世界最貧国のひとつです。日本人が数人しかいないこの国で、唯一の日本人起業家が立ち上げた企業です。

代表は、就活をやめて突然トーゴに飛び込み、京都の信用金庫でバンカーとして働いたあとで、友人との約束を守るために会社を設立し、いまに至ります。現在は、高級アフリカ布と京都の染色技術を掛け合わせたジャケットやスラックスのオーダーメイドブランドを運営しています。

 

現地民族のエウェ族の布である「ケンテ」は、西アフリカ地域の最高級品。かつては王族しか身に着けることが許されなかった格式の高い布です。このトーゴで織られた布に、世界的にも評価を受ける京都の伝統的な染色技術を繋いだ、オーダーメイドのプロダクトづくりを行っています。

 

最貧国の現実と、高齢化が進み後継者不足の問題を抱える伝統技術の現状。

トーゴと京都の職人の手が紡いだ、ひとの手の温もりを感じることのできるものづくり。

現地に根づいた素材を倫理的に仕入れ、生産に携わったすべての人の顔が見える形でそれを届ける。

服を作り売るだけでなく、そこに込められたストーリーを通じて、人々の価値観を変え、「みんなが笑って過ごせる世界」を目指しています。

 

◆オンラインプロジェクト内容

オンラインプロジェクトの詳細についてはこちらをご参考にご覧ください。

①全国47都道府県でのイベント企画ディレクション(オンラインマーケティング)
 全国各地でのオンラインイベントにかかる企画などを担当していただきます。代表が出版した本を通して、活動に共感をしてくれる仲間の輪を広げるべく、日本全国47都道府県での講演の企画、実行までのディレクションを担当していただきます。

②ECサイト構築(エンジニア、未経験でも可)
 商品をより多くの方に手に取っていただくため、オンラインサイトの充実をはかります。コーポレートサイトとブランドサイトのブラッシュアップなどを行っていただきます。

③プロジェクト策定
 企業とのコラボ案件にジョインしていただきます。他社との協業のなかで、新しい価値をつくるプロジェクトを企画していただきます。

実際に、インターンシップにジョインしているメンバーは下記のようなことに取り組んでいます!
・北海道のイベント企画・ディレクション(オンラインマーケティング)
・本ブランド初の直営店舗展開の設計・準備・サポート
・国際協力と観光を掛け合わせたプロジェクトの立案
・京都伝統を引き継ぐ職人を養成する場を作るプロジェクト 等

参加者の興味関心と企業との接点をすり合わせ、参画するプロジェクト内容を決定していきます。




  • 実践でビジネスを学び、家業に活かす!

    仕事、育児、インターンシップ、全てに全力な金丸絵美さんのインタビューはこちら

  

 

 

身に付く力・得られる経験

・自身の挑戦することのハードルを下げられる
・はじめて挑戦することのドキドキとワクワクを体感できる
・変わった人と出会えることが多い

こんな人を求めています

・できることとできないことが判断できる方
・できないことよりできることを探せる方
・とりあえずやってみる方
・ロジック立てて戦略を立案できる方
・デザインセンスあふれる方
・励ましてくれる方
・元気な方
・真面目な方
・おもしろい方
・全国各地に友だちが多い方
のうち、どれか2つ以上あてはまる方

募集要項

インターンシップ先国
トーゴ オンライン
インターンシップ先都市
パリメ
インターンシップ期間

1ヶ月~1年

インターンシップ日数、時間

月曜・水曜・金曜、3h~

 

※1週間or 2週間に1回、1時間程度のミーティングをとおしてインターン内容を進捗させていきます。内容の進展度合いによって変動がありますが、コミュニケーションを取りながら無理のない範囲で参加いただけると嬉しいです!

報酬・手当

なし

必要なスキル・資格

なし

担当者からのメッセージ

ぼくには好きな言葉が2つあります。「個人的なことが最も創造的である」という映画監督のマーティン・スコセッシ氏の言葉と、「早く行くなら一人で、遠くへ行くならみんなで」というアフリカの諺です。

ぼくとアフリカ大陸との出会いは大学生のときでした。日本独特の新卒一括採用の就職活動の仕組み、「シューカツ」に嫌気がさして向かった先がアフリカ大陸でした。そこでぼくはトーゴ共和国という聞きなれない国で、ある友人と「みんなが笑って過ごせる世界をつくる」と約束を交わしました。それはとても個人的なことですが、それこそがぼくを突き動かしている原動力です。

金融機関を退職して起業すると決意したとき、ぼくは経営者として最も大切にしたいことを「チームビルディング」と位置づけました。いいチームさえできれば、いい商品サービスを提供できるだけでなく、ぼくが見たい景色まで連れて行ってくれると思ったからです。そしてそのチームメイトとは、人間くさい関係性で溢れてほしいと思いました。その気持ちを込めて、一部のアフリカ地域で「仲間」を意味する俗語である「DOGS」を社名に入れました。

「みんなが笑って過ごせる世界」への道のりは果てしないです。それに、日本からトーゴまでは往復5日、遥か13,000kmも離れています。その遠い道のりを行くためには仲間が必要です。ぼくの個人的なことからスタートした事業ですが、よりよい社会を創造するために、仲間になってくれる人を募集します。よろしくお願いします!

企業紹介


2018年10月設立。
アフリカ・トーゴ共和国の伝統工芸である「バティック」や「ケンテ」と呼ばれるアフリカ布を現地の協力事業者と製作し、京都の染色技術と組み合わせるファッション事業を展開している。資本主義による世界の経済格差、その一端を担うファッション業界の既存の仕組みを考え直し、再構築することで「みんなが笑って過ごせる世界をつくる」ことを目指している。

代表・中須が学生時代に単身トーゴへ渡り、ラジオ局のジャーナリストとして赴任したことが事業立ち上げのきっかけとなっている。当時、首都ロメから120km北上したパリメというまちで唯一のアジア人として生活していた中須は、現地の物々交換で一定の生活ができてしまうコミュニティの在り方に感銘を受けた。一方で、障害者差別や女性への暴力に対して強い課題意識をもった。本事業は、現地の友人と約束した「みんなで笑って過ごせる世界をつくる」ために、就労環境を整備するなかで相互理解の場を創出していくことを目的に据えている。

当社の大きなポイントとしては3つある。①素材となるアフリカ布の開発から携わることで、より現地の手が入る余地を高めている。②京都の伝統技術を掛け合わせて付加価値を高めている。③京都の職人が高齢化し後継者不足に陥っているなかで、成果物の展示販売会などを催すなかで地域の新たな価値、あるいは見落とされてしまっている価値への興味・関心を向上させている。

そうした事業スキームにより、アフリカ大陸へ進出する若手起業家をサポートする「日本AFRICA起業支援イニシアチブ(アントレ・アフリカ)」の支援先に選出され、朝日放送テレビや地元メディアなどで特集を組まれた。

事業内容
■小売事業
 トーゴ×京都の布を使ったアパレル商品の販売(ハンカチ、蝶ネクタイ、ウエストポーチなど)
■個人向け体験型ファッション事業
 お客さん自身がトーゴと京都を旅しながら、自分だけの一着の服をつくる体験型ファッションツアー。
■企業向け体験型ファッション事業
 体験型ファッションツアーをベースに、企業研修プログラムを提供する。
従業員数
9名(日本人2名、トーゴ人7名)
使用言語
社内:日本語8割、フランス語1割、エウェ語1割
社外:日本語5割、フランス語4割、エウェ語1割
経営者プロフィール

1990年、京都府生まれ。滋賀大学経済学部卒業。「みんなが笑って過ごせる世界をつくる」ために日本とトーゴ共和国を往復し、エウェ族と京都の職人の染色技術を重ねて、商品開発している。大学在学中に、単身アフリカ・トーゴ共和国を訪問し、ラジオ局のジャーナリストとして番組制作に携わる。大卒後、京都信用金庫に入社。嵐山地域で営業を担当した後、独立・起業。
-----------------------------
他力本願がモットー。アパレル商品の開発、アフリカ・トーゴ共和国で日本人初となる現地法人の設立、現地法人の整地やコンクリートブロックの積み上げなど、助けてもらったことは数知れず。

タイモブからのメッセージ

貧困を抱えるトーゴの現状と、伝統技術の後継者不足に悩む京都、遠く離れたふたつの地を高級布×伝統技術の唯一無二のプロダクトづくりでつなぐ事業です。職人さんたちの手の温もりが伝わるものづくり、それをより多くの方に広め、また共感してくれる仲間の輪を広げていくプロジェクト!社会課題の解決に関わってみたい方、モノづくりの持つ可能性を広げたい方に、とってもオススメなプロジェクトです!

このインターンに応募する タイモブに相談する
pagetop

PAGE UP

応募する 相談する