海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/【オンライン/中高生限定】夏のリーダーシッププログラム【TOPPA!!Camp】7/31〆切

【オンライン/中高生限定】夏のリーダーシッププログラム【TOPPA!!Camp】7/31〆切

/

「世界を変える優れたリーダー・イノベーターで社会を満たし、ボトムアップで輝く未来を今、この瞬間に、創造する」をビジョンに掲げる企業が主催するリーダーシップ養成プログラムです。夏休みの3.5日を使ってインプットから実践まで体験し、リーダーシップを身に付ける中高生向けプログラムラムです。

  • 期間:1週間以下
  • カンボジア,オンライン,日本

研修内容

【TOPPA!!Camp Summer 2021:ソーシャルビジネス】



ケンブリッジ⼤学等海外トップ⼤学のカリキュラムをベースに、質の⾼いインプットとアウトプットに完全オンラインで濃密に取り組む体系的リーダーシップ・プログラム、「TOPPA!!」のサマーキャンプです。3 . 5⽇間で、社会を変えるリーダーとなるために必要な⼒を実践的に養います。

・インプット:ケンブリッジ⼤学教授を含めたグローバルで活躍するリーダー達による双⽅向型の講義を通じ、思考⼒や発信⼒を磨きます。
・アウトプット:カンボジアを拠点にコオロギを⽣産する社会⾰新企業エコロギーの「昆⾍⾷製品開発・マーケティング戦略⽴案」に挑戦していただきます。⾼校⽣5名程度のメンバーでグループを組んで臨んで頂くことで、個⼈の課題解決⼒に加え、2 1 世紀にグローバルで活躍するために必要なコラボレーション⼒・リーダーシップを育んでいただきます(希望者は英語ディスカッション・プレゼン)。

【事前説明会開催】
①7/25(日)17:15-18:00
②7/30(金)18:00-18:45

【プロジェクト】
日本での昆虫食普及案を提案せよ!
社会革新企業、エコロギーに対し「日本でのコオロギ粉末を用いた昆虫食製品開発・マーケティング戦略」をご提案いただきます。事業を考えるために必要なフレームワークやプロセスについてもお伝えし、参加者の皆さんと伴走します。

【エコロギーとは】
⼈⼝増加に伴う⾷料問題に⽴ち向かうべく、新たな⾷料資源として昆⾍⾷に着⽬し、カンボジアを拠点に⾷料・飼料⽤の昆⾍コオロギを⽣産する早稲⽥⼤学発ベンチャー企業。
カンボジア現地の農家に⽣産委託し、農家が⽣産したコオロギを弊社が全量買取するというコオロギ農協モデルの構築を進めることで、地球にも、農家にも優しい⾷料提供を実現。ビルゲイツ財団共催のVissionHacker Award受賞等、多数受賞。代表の葦苅⽒はForbes Japanの30UNDER30(2019)に選出。




【最前線で活躍する講師陣】

①Jaideep Prabhu
ケンブリッジ大学インド&グローバルビジネスセンター所長、ジャーナルオブマーケティング副編集長等を歴任。ノキアやボーダフォン等多くのグローバル企業にコンサルティングを提供。研究成果の受賞多数。南カリフォルニア大学Ph. D。

②羽端大
京都大学法学部卒業後、中央省庁に入省。政府の成長戦略や、イノベーション政策、スタートアップ政策、2025年大阪・関西万博の企画等に従事。 2018年より米パーソンズ美術大学大学院に留学し、政策分野へのデザインの活用に関する研究を行う。中央省庁での業務の傍ら、一般社団法人STUDIO POLICY DESIGNを共同設立し、政策現場でのデザインの活用に関するリサーチと実践を行う。

③江あき World Innovation Lab(WiL)インベスター/エコノミスト。
東京大学経済学部卒業後、外資系戦略コンサルティングファーム勤務を経て、米国スタンフォード大学で経営学修士(MBA)を取得。現在はシリコンバレーのベンチャーキャピタルで活躍中。孫正義育英財団一期生。

④長谷川圭介
外資系 IT 企業にて、クリエイティブストラテジストとしてクライアントの広告宣伝のコンサルティングに従事。それ以前は、電通にて大手新聞社や官公庁政府などの営業を務める。2006年慶應義塾大学文学部卒業、2018年南カリフォルニア大学MBA取得。


  

身に付く力・得られる経験

1. リーダーのマインドセット: リ ーダーシップ/批判的思考⼒等
2. 未来を切り拓く⼒: コラボレーション、議論・プレゼ ン等
3. 将来に繋がるネットワーク: 国内・海 外、社会⼈
4. グローバルで活躍できる実践的英語⼒(希望者)
5. プログラム修了証明書発⾏

こんな人を求めています

・将来リーダー・ソーシャルイノベーターとして活躍したい
・社会⾰新事業、SDGs事業に本気で取り組んでみたい
・学校外で志を持つ同世代と繋がりたい、切磋琢磨したい
・海外進学・留学を検討していて、英語を実践する機会が欲しい
・学校推薦型選抜、総合型選抜等での受験を検討していて、課外活動経験を積みたい

募集要項

研修先国
カンボジア オンライン 日本
研修先都市
オンライン
研修期間
応募締切日:7月31日
事前研修日:8月7日
Camp当日:8月20-22日


事前説明会を開催します
①7/25(日)17:15-18:00
②7/30(金)18:00-18:45
研修日数、時間
8月7日(土)
15:00-17:00 キックオフ
17:00-18:30 特別講義:イノベーションとマーケティング
※ケンブリッジ大教授提供のため本講義のみ英語実施

8月20日(金)
9:00-12:00 
①チームビルディング ②講義:デザイン思考
13:00-18:00 
①アイディエーション・プロトタイピング
②アンケート・インタビュー実施準備
19:00-20:30
レクリエーション

8月21日(土)
9:00-12:00 
①アンケート・インタビュー実施
②講義:建設的フィードバック・コーチング
13:00-18:00
マーケティング戦略立案:4P/4C
※18:00以降もチームもしくは個人で活動する可能性があります

8月22日(日)
9:00-12:00 
講義:最高のプレゼンの届け方
13:00-18:00 
①プレゼン準備
②最終プレゼン・フィードバック
18:00-19:00
アフターパーティー
報酬・手当
参加費⽤:2万5千円
※1:奨学⽣5名程度1万円に減額
※2:参加費用に含まれないものとして、オンラインで参加するための以下の環境設定が必要となります。
①パソコン(スマホ、タブレットでは不十分)
②快適なインターネット環境(上り・下りともに回線速度10Mbps以上を推奨) ③オンラインツール「Zoom」、「Slack」、「Miro」等インストール(無料) ④スピーカー、マイク、Webカメラ
必要なスキル・資格
・対象:中学生・高校生・ギャップイヤー等(大学生以上参加不可)
・英語力:英語参加希望者は英検2級以上を推奨

主催者紹介




「世界を変える優れたリーダー・イノベーターで社会を満たし、ボトムアップで輝く未来を今、この瞬間に、創造する」をビジョンに掲げるオンラインリーダー学習企業です。

【代表:池上京】
2013年京都大学公共政策大学院修了。国際協力機構(JICA)でイラク・エジプト等の中東向けインフラ開発・政策支援に従事した後、2019年にケンブリッジ大学で経営学修士(MBA)を取得。MBA後、AIロボットの海外展開に取り組む傍ら、コロナ禍で学習機会の制約された高校生を中心とする10代計200名以上にリーダー教育やキャリア教育を提供。2021年2月、未来を創る次世代を今、育てたいという想いから、株式会社MIRAIingを設立。

参加者の声

「リーダーには様々な種類があり、⾃分に合ったリーダーシップを⾒つけるのが⼤切という考え⽅は⽬から鱗でした!今まで⾃分には皆を引っ張っていくカリスマ性がないからリーダーは無理と諦めていましたが、協調性やほかの⾯を持つリーダーなら向いているかもと希望が持てました! TOPPA!!のコミュニティーは⾃由な感じですごく⾃分にとって居⼼地が良くて楽しかったです。何より、チームメンバーみんながロールモデルでもあり、すごく仲良くなって、何でも⾔える、かけがえのない仲間をつくることができました。 TOPPA!!での経験は間違いなく私の⼈⽣や将来に影響を与えるもので、TOPPA!!で学んだことをこれからも⽇常⽣活に⽣かしていきます。」
(黒澤ひなさん・⾼2)

「刺激を与えてくれた場所です。学校では教わることのないビジネス戦略や、大学だけではなく社会でも必要とされる能力を様々な経験をしてこられた講師たちから学ぶことで、新たな視点からの課題解決が出来ました。」
(広島、高3)

「今回のTOPPAは初対面の人と何もお互い知らない状態からビジネスを提案しなければなりません。活動中には初対面の人とどう仲良くなり、どううまくコミュニケーションをとり、どう協力していくかたくさん考えることができた。なのでこのTOPPAというプログラムでは新たな知識も学びつつ大人への一つの進歩ができるプログラムだったと思います。」
(埼玉、高2)

今すぐ申し込む オンラインで話を聞く
pagetop

PAGE UP

申し込む 話を聞く