海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/カンボジアにてビジネス情報誌の営業・制作のインターンシップ※英語取材可

カンボジアにてビジネス情報誌の営業・制作のインターンシップ※英語取材可

/

カンボジアのビジネス事情を発信するメデイアや制作に関わるインターンシップです。インターン生の希望があれば本事業を1人で任せられる可能性もあり。裁量権が大きく、英語もフルに活用頂ける、インターンシップです!

  • 期間:3ヶ月以上,半年以上,約1年
  • カンボジア
  • 企画・マーケティングに携わる,専門性を極める,複数職種に携わる

インターンシップ内容

カンボジアに進出する企業向けのフリーペーパーの制作とポータルサイトの運営をメインで行っていただきます。
弊社が発行する日本語フリーペーパー&ポータルサイト「カンボジアビジネスパートナーズ」の企画、取材、制作、広告営業業務全般。

 

フリーペーパー&ポータルサイトの企画、構成、取材、営業、デザイン制作などすべてを担当。 
自らのアイデアがダイレクトに現地に駐在する日本人の生活の向上やビジネスの発展につながる仕事です。 
WEBマガジンもございます。フリーペーパー・出版・メデイア業の一連の仕事を体験頂き、かつ現地の経営者やカンボジアで活躍している方々のネットワークが出来ます。

 

▼内容は主に以下になります。

1)企画 
どういう記事を作るか。 
どういうところを取材するか。 
どういうネタが読者に求められているかを考え、企画します。 

2)営業 
会社に飛び込み営業または電話でアポをとって営業。 
様々な国籍のオーナーに直接プレゼンテーションする。
契約をとってくることだけでなく、広告費用の回収まで行います。 
デザインやキャッチコピーの提案。 

3)取材 
英語や日本語でインタビューする。 
それを記事におこす。 

4)制作 
イラストレーターを使用して、広告や記事、ページのデザインをする。イラストレーターが使えない方でも可。

5)配布 
日系企業や日本食レストラン、日本人がよく泊まるホテルに配布、設置する。 

6)前回の成果ヒアリング、次の契約へ

身に付く力・得られる経験

・やればできると思える自信 
・成長著しいカンボジアマーケットでの貴重なビジネス経験
・異なる環境で出会う仲間達との交流 
・厳しい環境の中でビジネスを推進している日系企業への支援を通じての価値創造 
・どんな環境でも自分の力を発揮できるスキル

 

こんな人を求めています

・何事もまずは受け入れてみようという素直さ 
・とりあえずやってみようという心意気 
・何事も楽しもうとする姿勢 
・現状に満足せず、常によりよいものを創りあげようとするクリエイティブなマインド 
・カンボジアの文化を積極的に学ぼうとする姿勢 

募集要項

インターンシップ先国
カンボジア
インターンシップ先都市
プノンペン
インターンシップ期間

最低4ヶ月以上 

インターンシップ日数、時間

9:00~18:00 月~金

報酬・手当

月給210ドル+交通費 
※滞在先は弊社にて提供します。 

短期(3ヶ月以下)の方は 
※生活費は自己負担でお願いします。 
※滞在先は弊社にて提供します。 

必要なスキル・資格

英語力(日常会話レベル)

企業紹介

1.首都プノンペンの中心地で好アクセス 
2.お客様エリアの広さ・開放感は随一 
3.代表は厚生労働省出身、ハローワーク等の職業安定行政を経験 
4.20000人以上の豊富な登録者、500社以上の取引会社、日本・タイ・ベトナム等の人材会社との業務提携による迅速で適格な紹介に定評 
5.日系企業ながら、中華系、欧米系、ローカル系にチャンネル 
6.グループ会社にマーケティング会社と人材育成会社を持つ 
7.お客様に「感謝され、親しまれ、愛される存在」として、お客様満足度の向上を常に追求 

事業内容
メディア事業
■日本語フリーペーパー&ポータルサイト「カンボジアビジネスパートナーズ」の企画、制作、発行。

人材事業
■カンボジア人、日本人、中国人などの人材紹介
■通訳スタッフの派遣
■在職者訓練(マネジメント、マーケティング、セールスなどの研修プログラムの提供)

レンタルオフィス事業
従業員数
社員数20人(うち日本国籍2人、カンボジア国籍18人)
使用言語
日本語・英語
経営者プロフィール

鳴海 貴紀 北海道出身(44歳) 
有名TV局の人気アナウンサーカンボジア人の妻(28歳)と二人暮らし  
ハローワーク函館 → 北海道庁 → 労働省 → ハローワーク半田 → 厚生労働省 → カンボジアで起業 
2012年3月、カンボジア人青年との偶然の出会いから、能力・スキルに見合った仕事につけない人がいることを知る。カンボジア人の方に職業を紹介するビジネスをしようと決意。すぐに厚労省を辞め、カンボジア移住

このインターンに応募する タイモブに相談する

関連タイモブログ

応募する 相談する