海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/ミッション実践型海外インターンシップ『グロキャン!』

ミッション実践型海外インターンシップ『グロキャン!』

/

「グロキャン」では現地の起業家から渡されるリアルな「ミッション」をマルチタスクで取り組んでいきます。与えられたものを待つような姿勢では一切成果とはならず、自らアクションを起こして成果を出していくことが求められます。新興国でリアルなビジネスに本気で取り組む経験をしてみませんか?

  • ベトナム
  • 新規事業 / 拠点立ち上げに挑戦する,企画・マーケティングに携わる,過酷な環境に飛び込む,複数職種に携わる

研修内容

◆1週間で圧倒的な成長を手に入れろ!

グローバルブートキャンプ、略して「グロキャン」は海外研修の専門家が送る新しい海外インターン。

1週間という短い期間で圧倒的にビジネス力をつけて就活力アップはもちろん、世界中どこでも活躍できる人材になって欲しい。

これからの人生をより主体的に楽しめるように、自ら選択できるよう、「自分らしい」人生への第一歩を一緒に踏み出しませんか。

 

1週間で圧倒的な成長を手に入れろ!

 

 

◆ミッション実践型インターンシップ『グロキャン!』

1週間という短い期間の中で、日本ではないアウェイの地でリアルなビジネス課題に取り組みます。新興国でリアルなビジネスに本気で取り組んだ経験はあなたの大きな力になります。

 

基本プログラムとなるのが「ミッション実践型インターンシップ」。1週間という短い期間の中で、日本ではないアウェイの地でリアルなビジネス課題に取り組みます。

 

マルチタスクで出題されるリアルなミッションはまさに新興国で働く経験そのものを凝縮したもの。ビジネス基礎力とグローバルマインドセットを高めて、とても1周間とは思えない大きな一歩を踏み出してもらいたいと思っています。

 

毎日の終わりには一日の学びをしっかりと定着させるためにの振り返りセッションを実施。単なる体験・経験で終わらずに、これから先に活かしていけるような深い学びをしっかりと持ち帰っていただきます。

 

 

◆1週間に海外ビジネスをギュッと凝縮した特別プログラム

グローバルで活躍するためには「ビジネス基礎力」と「グローバルマインド」の両方が必要と私たちは考えます。この両方を短期間で一気に習得・レベルアップさせるために考えられたプログラムが『グロキャン!』です。1週間という長いようで短い期間の中にグローバルビジネスで必要な要素を凝縮して、とても濃い時間として体験してもらえるように設計された特別プログラムで世界中どこでも活躍できる人材への一歩を一緒に踏み出していきましょう。

 

1週間に海外ビジネスをギュッと凝縮した特別プログラム

 

 

◆『グロキャン!』はこんな人におすすめです

・就活を控えているが希望の内定が取れるか不安な大学3年生

就職活動を前にして自信がない方には是非参加してもらいたいと思っています。海外というアウェイの地での成功体験、そして体験を通じた様々な学びや自己理解が就職活動に大いに役立つでしょう。

グローバルな時代に自らのキャリアを考えるのは簡単なことではなく、正解もない難しい選択となります。自分の強みや弱みをしっかりと知り、グローバルな時代の流れの中で自分がやりたいものを明確にできれば就活は怖くありません。『グロキャン!』が自分らしい選択をするための方向性や自分の位置を知るための大きな一歩となるよう、講師陣も精一杯サポートしていきます。

 

・大学生活を有意義に過ごして人生のスタートダッシュを切りたい大学1,2年生

本当にオススメしたいのが、まだ就活も意識していない大学1,2年生。大学生活の4年間はなんとなく過ごしてしまうとすぐに終わってしまいますが、有意義に過ごすととても実りのある4年間となります。

自分は将来何がしたいのか、今何ができるのか、そのためにどんな活動をしたいのか。このようなことを早いうちから考えることでより有意義な学生生活を送ることができ、就活やその後のキャリアに対して素晴らしいスタートダッシュを切ることができると考えています。

 

・就職したはいいものの「ここで良いのか?」という思いがある若手社会人

「グロキャン」は大学生だけではなく将来のキャリアに漠然と不安がある方にも参加して欲しいと思っています。終身雇用の時代は終わりつつあり、「会社の寿命」が「個人の寿命」より短くなってきている今、自らのキャリアの方向性を考え、自ら選択していくことが一番の安定ではないでしょうか。

「海外で働く」ということを考えていない方も、アウェイの地で自分がどこまでできるのかを知り、新しいキャリアの方向性を考え、これからの長い人生を自ら選び取っていける力をつけて欲しいと願っています。

 

 

◆なぜ、ベトナムが研修の地としてベストなのか

今最も注目されている新興国の「ベトナム」が挑戦のフィールド。

平均年齢が日本よりも16歳若く、世界トップの成長率を誇る活気のある街。

治安も良く、ビジネスチャンスに溢れていること街は様々な挑戦を行うには最高のロケーションに間違いありません。

 

・世界第2位・8位のダイナミックな都市

米国JLL社による世界で最もダイナミックな都市ランキングでは米国や中国の都市を抑えてホーチミン市が第2位に、ハノイ市が8位にランクイン。日本の都市が東京も含めて全てランク外だったことからも、今後の時代を牽引する国であることがわかります。

 

・世界で最も成長する国ベトナム

英国PwC社の「The World in 2050」によると、2016年から2050年のGDP成長率はベトナムが平均5%とインドや中国の成長率を超えて世界で最も成長すると予測されています。

 

・平均年齢が日本より16.1歳も若い

ベトナムの平均年齢は30.4歳と、46.5歳の日本に比べて16.1歳も若く、街を歩けば若者ばかりで経済やビジネスもたくさんの若者が中心的役割を担っています。

 

・ベトナム経済の中心都市

ホーチミン市の一人あたりGDPはベトナムトップの5,000ドルを超えており、人口もベトナム最大の800万人と、名実ともにベトナム最大の経済都市。

 

・日系企業の注目都市

ホーチミン日本商工会登録企業数は824社を超え、毎年60-80企業のペースで増加しており、日本企業にとっても注目の都市。

 

・世界有数の経済成長率

ここ数年のホーチミン市の経済成長率は平均10%を超えており、今後も高成長が続くと予想されている。インテルが世界最大級の工場を建設するなど、IT産業集積が進む。

 

・英語が飛び交う国際都市

ホーチミン市には外国人観光客の姿も多く、日系を含む外資系企業も多いので街中で外国語を聞こえてくることが多々あります。ベトナム人の若者も英語や日本語を勉強する者が増えてきています。

 

・英語圏「ではない」

とはいえ、英語圏ではなく第二言語として英語を使っているので日本人の英語でもしっかりと伝わるのがベトナムの魅力。お互い第二言語同士、下手な英語でも熱意を持って伝わればしっかり伝わってビジネスができるというのも非英語圏の魅力でしょう。

 

なぜ、ベトナムが研修の地としてベストなのか

身に付く力・得られる経験

ホームでは戦えるのにアウェイでは弱い、そんな日本人が世界中どこでも戦えるようになるにはどうしたら良いのか、を考えました。

いきなり海外で仕事をすることを考えると「超えていかなければいけない壁」がいくつも出てきます。この「壁」を1週間のうちに何度も体験できるようなプログラムを作りました。もちろん、簡単に超えられるものではありませんが、この壁に対して全力で挑戦して、小さな成功体験を積んでいくことでアウェイでもどこでも戦えるようになっていって欲しいと願っています。

 

 

◆得られる経験 

・異国で成果が試されるリアルビジネス

ただ参加していればよい視察ツアーなどとは違い、アウェイの地で実際のビジネスに取り組みます。ビジネスであるからにはもちろん成果が求められるので自ら試行錯誤して取り組むことが求められます。

 

・マルチタスクで与えられるミッション

通常のビジネス同様、複数のタスクが同時期に舞い込んでくることもあります。更に、周りは外国人という異文化環境を乗り越えて一つ一つ成果を出していくことができれば、海外での成功体験を得ることができます。

 

・自らのキャリアについて深く考える機会

海外で起業した方やベトナム人との交流を通じて視野を広げ、海外で働くということを考えるキッカケにします。プログラム前後には自らのキャリアについて考えるセッションを設け、この体験から何を学び、どう活かすのか、将来につなげていきます。

 

 

◆身に付く力

・ビジネス基礎力を学び、伸ばしていく

ビジネス基礎力は教わってすぐに身につくものではありません。しかし、得た知識をすぐに実践することで習得を早め、また重要性に気づくことで今後のキャリアを通じて習得に向けて努力することが期待されます。

①PDCA・アクションプランニング

②やりきる力

③タイムマネジメント

④顧客に対して成果を出す志向

⑤ゼロベース思考

⑥チームワーク

⑦プレゼンテーション能力

 

・グローバルマインドセットを身につける

私たちは「グローバルで活躍できる人材」とは「グローバルマインド」と「ビジネス基礎力」の両方が揃った人材だと考えています。世界中どこに行っても成果の出せる、どこからも必要とされる人材となって欲しいと願っています。

①自ら考えて行動する主体性

②突破力・実行力

③語学に依存しないコミュニケーション能力

④あらゆる状況の対応できる力

⑤パッションを持って巻き込む力

⑥くよくよしないメンタルタフネス

⑦どこでもやっていける自信・意欲

 

身に付く力・得られる経験

こんな人を求めています

・就活を控えているが希望の内定が取れるか不安な大学3年生

・大学生活を有意義に過ごして人生のスタートダッシュを切りたい大学1,2年生

・就職したはいいものの「ここで良いのか?」という思いがある若手社会人

募集要項

研修先国
ベトナム
研修先都市
ホーチミン
研修期間

2017年夏①:8月6日~12日

2017年夏②:8月27日~9月2日

2017年年末年始:日程が決まり次第更新します

研修日数、時間

Day0 ベトナム(ホーチミン)に到着 → 各自ホテルへ&ウェルカムパーティ

Day1 1st Mission 遂行・発表

Day2 2nd Mission 遂行・発表

Day3 3rd Mission 遂行・発表

Day4 4th Mission 遂行・発表

Day5 Final Mission

Last Day 現地解散 → 各自空港へ

報酬・手当

特になし

必要なスキル・資格

特になし

主催者紹介

三宅秀晃

三宅秀晃

「海外で活躍する日本人を増やす」ことを目標に海外研修事業に従事。中小企業診断士資格を持ちベトナムで4年事業を拡大している経験等を元に、研修期間を通じて様々なことをお伝えできるように情熱を持ってファシリテートします。

参加者の声

この五日間は、単なるバックパッカー経験では得られないような、実に多くの実りある体験を通じ、自分の実力の無さを実感すると共に、多くの学びも得られました。日々出される、いやプレゼントしてくれるミッションに対し、こんなん無理やと思いながらも、チームや現地での助っ人と協力しながらなんとか達成することを通じ、「海外で活躍したい」という夢に少し近づけた気がしました。ただ、まだまだ足りない部分も多く、そのことに就職する前に気づけたことは、自分にとってはとても幸運であり、この経験を無駄にすることなく、今後も日々の「日報」を糧に、向上心を持って成長していくつもりです。

 

一番大きな収穫と言えることは、ビジネスに対する考え方が変わったことです。これまではビジネスに対して、単なる金儲けだというようなマイナスのイメージがありました。けれど、このインターンシップを通して、さまざまなビジネス視点を学び、ビジネスとは面白いものなのかもしれないと思うようになりました。単なる金儲けではなく、自分が推したいものをどう伝えたら顧客が満足するように提供できるのか、顧客の願う商品を提供するためにいかに調査して知りうるのか。こういったものに対して調べ、考えることはとてもやりがいがあることだと考えました。また、ビジネス視点でも様々な学びがあり、PDCAサイクルを筆頭に、今後ビジネスをしていくにおいてもビジネスでないことをしていくにおいても生活を充実させていくために鍵となるポイントを、体験を通して実感できたということも大きかったです。毎日与えられたmissionは簡単なものではありませんでした。体力的にも精神的にもきついものではありましたが、それらのmissionをインターンシップ期間中でただこなすだけの苦しいものではなく、楽しみを持ちながら取り組めるようになりました。その時はがむしゃらにやっていたけれど、振り返ってみると、自分の成長を感じることができ、自信にも繋がりました。今回のインターンシップは自分にとって、とても濃く、成長感を味わうことができた期間でした。

今すぐ申し込む LINEやSkypeで話を聞く

関連タイモブログ

申し込む 話を聞く