海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/【6月20日開催】IKIGAIサイクルで考えるワークショップ

【6月20日開催】IKIGAIサイクルで考えるワークショップ

/

自分たちの生き方について、立ち止まって考える。激動の時代、イキガイ、責任、家族…さまざまな想いが交錯する中で、よりよく生きるのはどうすれば良いのでしょう。これまでの人生を振り返り、これからに向けてアップデートしませんか?タイモブ独自のイキガイサイクルを体験してみましょう。

  • 期間:1週間以下,日数・時間が相談可
  • オンライン
  • 短期合宿型

研修内容

世界から注目されるIKIGAI

実は今、日本語のイキガイが世界から注目されているのをご存知ですか?

 

イキガイ=a reason of being, meaning of lifeと訳され、

英語でもIKIGAIに関する本が出版され、世界でベストセラーとなっています。

 

人生100年時代といわれる今、自分が社会にもたらしたいインパクトは何か、自分の人生の時間をどう使うのか…イキガイに向き合うことは大きな意味を持つのではないでしょうか。

 

対話を通して、生き方・キャリアを考える

 

VUCAの時代と呼ばれて久しいですが、テクノロジーの発展や時代の流れの中で、生き方はどんどん多様になっています。

あなたは何をイキガイに生きるのでしょうか?

 

人生には仕事や家族、友達、お金、スキルアップ…さまざまな要素があります。

時間は限られている中で、よりよく生きるには?

一緒に人生やイキガイについて考えてみませんか?

 


あなたの常識は、だれかの非常識かもしれない。

一緒にワークをするひととの対話を通して、自分の当たり前を疑い、柔軟な視点で未来を描きましょう。



一緒に生き方を模索するファシリテーター

<由井 拓帆 >

#ハマッコ #学部卒文系 #テニサー #バックパッカー #ソーシャルビジネス #トビタテ #タイモブ #AIESEC #シンガポール #インド #世界青年の船 #JICA #官民連携 #カンボジア #コスタリカ #パナマ

・横浜生まれ、横浜育ち、横浜市立大学卒。現在、社会人4年目。キャリアはいまのところ川下り型。学生時代は、予定詰めがちの生き急ぎタイプ。なお、その癖は今も治らず詰まりがち。

・学生時代は、3つのステージがあったと考えている(①課外活動に重きをおいた時期、②学業と留学に力をいれた時期、③卒業論文と社会に飛び出す準備の時期)。

・海外インターンでは、タイガーモブ(当時、AJITORA)を通して、シンガポールのイベントマーケティング会社、AIESECプログラムでインドのNGOにて、長期インターンを経験。また、内閣府世界青年の船事業に参加し、伴氏と出会う。

・就職活動では、民間企業を中心に①社会性の高さ、②グローバル、③インパクトのでかさを軸に企業を探し、JICAと巡り合う。入構後は、希望通り、民間連携事業部に配属されるも、激務のため若干やつれるものの、カンボジアでのOJTを通し、熱い志をもった先輩らに触れ、職務をなんとか全うする。

・2020年5月、現在の中南米部に異動。中米地域のカントリーオフィサーとなる。

・最近は、トンネル案件と仮想通貨の相場に、日々、振り回されながらも、知人にもらったグッピーに癒されている。

 

<小野 綾香>

#「暮らすと、はたらく」 #自然環境 #キャリア #Well-being #地方創生 #サイエンス #クラフトビール #アフリカ #ビジネス #スタートアップ

 

2019年 東京農工大学大学院修了(有機化学専攻)。福岡県北九州出身。
・新卒で、新興国向けのSaaSを開発・販売するSENRI(旧Afri-inc)株式会社で、事業開発としてケニア駐在。営業/CS企画や社内の仕組み作りを担当。
・2020年、ダイキン工業とWASSHA株式会社の合弁企業である、Baridi Baridi株式会社(アフリカでエアコンのサブスクサービス事業)に、創業メンバーとしてジョイン。事業開発・人事・PdMなどを担当。日本とタンザニアを行ったり来たり。https://baridibarid.com
・「暮らす」と「はたらく」が、豊かになめらかに繋がる環境づくりをライフキャリアにしています。趣味は、農業をしたりクラフトビールを飲んだりすること。

 

<タイガーモブ 株式会社 企画・中東アフリカ担当 伴優香子>

#海外移住 #パラレルキャリア #国際結婚 #学びなおし #海外進学 #南アフリカ #中東 #元コンサル

 

 国際基督教大学教養学部アーツ・サイエンス学科卒。学生時代、中東地域の学生と交流する学生団体の代表を務め、2014年にはイスラエルのキブツ・レヴィヴィムの食堂に就労する。キブツ滞在時に、現地でガザ紛争の一部始終を体験し、世の中の不条理を目の当たりに。また、インドの小学校でアートプロジェクトをサポート。自らの「当たり前」が崩れる経験をする。

大学卒業後、株式会社日立コンサルティングに入社。公共コンサルティング本部にて、公共制度輸出案件、事業計画立案、BPR案件、海外人材採用活動等に携わる。2018年には、内閣府主催「世界青年の船」事業に日本代表青年として参加。2年半の勤務後、南アフリカに移住するとともに、タイガーモブにジョイン。

イスラエル・パレスチナや南アフリカで、イノベーションや多様性をテーマにしたプログラムを立ち上げる。コロナ禍では、南アフリカから日本の大学生や高校生に向けて講演やワークショップなどを企画・運営。

タイガーモブでオンラインでもオフラインでも、世の中の人の視野・世界を広げ、新しい挑戦をするお手伝いをしつつ、Webメディア「チャリツモ」でコンテンツライターとしても活動。2021年より、南アフリカにあるWitswatersrand UniversityにてCritical Diversity Studiesのマスターコースにも在籍し、パートタイム学生でもある。

 

 

生きること、人生に向き合う広義のキャリアを考える

イキガイという概念は、キャリア開発の文脈で注目されがちです。

しかし、そもそもキャリアとは何でしょうか?

 

キャリアというと、「お金を稼ぐこと」「職業」として語られることも多いですが、タイガーモブでは、それだけでなく、生き方全体を包括してキャリアを考えています。

 

お金を稼ぐ手段としてのキャリアはあくまで「生きる」ことの一部。

家族、趣味、スキルアップ、ファイナンス…さまざまな観点を包括してキャリアをとらえなおし、自分が「どう生きたいか」を考えるワークショップが、IKIGAI Cycleワークショップです。

 

 

自分を見つめ、社会との接続をとらえるー対話を通してイキガイが見えてくる

実は、イキガイを使ったワークショップは、世の中にいくつかあります。

タイガーモブのIKIGAI Cycleは、大きく2つのステップに分かれています。

 

■自分の得意・好き、社会とのつながり(使命感や理想)、そしてそれが重なるIKIGAI

■IKIGAIをもとに、考える自分だけの人生の車輪

 

自分を見つめなおす内省からイキガイを言語化・認識し、

そこからありたい生き方のデザインまで行います。

 

 

自分自身が思い込んでいる以上に、多様な生き方があるはずです。

IKIGAI Cycleは、ひとりではなく、複数でシェアすることで、自分の視野がぐっと広がります。

 

自分のイキガイが満たされるにはどうしたらいいか、対話を通してキャリアをデザインしていきましょう!

 

身に付く力・得られる経験

・自分の「生き方」を振り返る

・自分のイキガイを見つめなおす

・自分のイキガイをブラッシュアップできる

・「生き方」をブラッシュアップできる

・様々な生き方をしている人との出会い

こんな人を求めています

・自分らしく生きたい

・キャリアチェンジを考えている

・スキルアップを考えている

・コロナ禍でも海外と繋がるキャリアを考えている

・仕事とプライベートのバランスを考え直したい

・今のキャリアに漠然とした不安を抱えている

・何か新しいことを始めたい

 

募集要項

研修先国
オンライン
研修先都市
オンライン
研修期間
6月20日(日)17:00-20:00
研修日数、時間

6月20日(日)17:00-20:00

 ※途中休憩あり

 ※耳だけ参加の方はお断りします

報酬・手当

5,000円(税別)

※このワークショップ参加後にオンラインインターン、あるいは短期プログラムに参加した場合5,000円割引
※報酬ではなく参加費がかかります

必要なスキル・資格

オープンマインド

主催者紹介

 ●タイガーモブ 株式会社

参加者の声

自分のイキガイに向かってアクションを起こし続けておられる方ばかりですごく刺激的な3時間でした。また、バックグラウンドも多様で、ポジティブで明るい方が多く、お話しを聞いているだけで良い影響を受けました。
今回初めて自分の人生をしっかりと振り返ったのですが、私にとって何が軸になっているのかを発見することができました。また、将来に関しても完全に見えたわけではないですが、自分のイキガイが少しだけ見えたような気がします。人生を振り返るというすごくいい機会を与えてもらいました。(大学4年生)

視野が広まりました。
私の考えてる範囲は狭いな〜と思えたいい機会でした。
前向きな方々に出会えたのもすごくよかったです。(30代・社会人)

・自分の意外な生き甲斐を見つける事ができました
・改めて自分の人生を総振り返りした上でゴールの設定ができた。未来が楽しみでしょうがない。
・ありたい社会から考えるという視点を社会人になってから忘れていた気がするので、気付きが多い視点だった
・Wheel of Lifeの要素が勉強になりました!人生で何を大切にしたいか改めて考えるよいきっかけとツールを得ることができて嬉しいです!
・いろんな思い、価値観、バックグラウンドを持っている皆さんとお話が出来てこれからの自分どうありたいかと向き合うことの大切さ勇気をたくさんもらいました!!もっと皆さんとお話したいです!!
・IKIGAIを新しいステージにSTEP UPさせていきたいです
今すぐ申し込む オンラインで話を聞く
pagetop

PAGE UP

申し込む 話を聞く