海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/インドの体験談:インド合宿体験談ー牛だらけの世界で自分と向き合った12日間

インド合宿体験談ー牛だらけの世界で自分と向き合った12日間

森なな
  • 2019/09/24 00:00
  • インド
  • 営業
  • インターン後

皆さんはインドにどんなイメージを持ってますか??

「カレー」

「カオス」

「ターバン」

「行ったら人生変わるらしい」

そんな感じでしょうか??

 

行ってみた私の答え。

全部正解です。その通りです。笑

 

でも、あなたが持ってるイメージ以上のモノがインドにはあるし、すごく大切なことを得られると私は確信しています。

 

全力でお勧めしたい。

同じ、むしろそれ以上の経験をして欲しいと強く思います。

 

具体的にどんな変化があったのか。

順を追っておはなししたいと思います。

 

—————————

 

インド合宿に参加する理由

自分の変化

③反省と今後の自分の人生へ

④まとめ

 

—————————

 

 

member_blog_7813_5d80e169e1300.jpeg

 

 

 

 

インド合宿に参加する理由

 

私が、インド合宿の参加を決めた理由は2つでした。

 

1つは、

「とにかくインドに行ってみたい」。

もともと自分の目でみて感じなきゃ気が済まないタイプで、今までにも東南アジア諸国に何度も足を踏み入れてきました。

アジア独特のポテンシャル感、力強さに強く心惹かれて完全に「アジアフリーク」です。笑

だから、夏なにか始めたい、とネットを見ていた時、すぐにインドの文字が引っかかりました。

 

2つ目はプログラムが、

「目標を立てて、それに向かって取り組む」

というプロセスを取るものだったから。

読んでる方の中でも多いと思いますが、私は正真正銘「行動ファースト」人間でした。

直感で引っかかるから、あそこ行ってみよう、やってみよう、そこから新しいことを学んで考えて自分のものにしてくタイプです。

でも、特にこれから社会に出る人間としてそれだけじゃダメなことは気づいていました。

「仮説を立てて行動して検証する」

これを経験できる、なにか、を探していました。

 

 

 

 

自分の変化

 

インド合宿5日目に、人生最大の「沼」にはまりました。

 

きっかけは、小さな「違和感」だったと思います。

毎朝目標設定を発表して、みんなから「設定うまいね」って褒めてもらえたりするけれど、なんだか自分は納得していない。そのままダラダラと1日が過ぎていき、結局今日の目標は達成できていない。周りのみんなはどんどん達成して、成長してってる。自分なんかおかしいぞ。。

そんな始まりでした。

 

考えれば考えるほど、自分がどんどんネガティヴになっていく感覚、自信を失っていく感覚がしました。焦りも感じました。なんとかこの「沼」から抜け出さないといけないのにどんどん沈んで行ってしまう。自分で自分をコントロールできなくなり、自然と涙が溢れました。

 

でも、なんとかして明日の朝の目標の宣言までには解決してかなきゃ。時間は限られてる。

 

とにかく自分の今浮かぶ全ての想いを、ノートに書き出しました。

すると、「自分への過信」「無駄なプライドや偏見でものごとを見たり、他者と対話してる自分」に気づいたのです。

 

正直自分でも驚きました。

でも、いくら自分の嫌な面だったとしても、まずは自分が認めなくてはいけない。

そして、新しい行動に移し、自分を変えていかなくてはいけない。

 

もうこのころには持ち前のポジティブ精神が復活し、前向きに捉えることができました。

 

これからは、ちゃんとフラットにものごとを捉えていこう。自分の偏見やプライドは自分で気づいて、口に出して自覚していこう。

 

他者との関わりで1番大切なこと、当たり前のことができていなかったことに初めて気づかされ、自覚することができた人生の大きな転機でした。

 

 

 

 

反省と今後の自分の人生へ

 

結果として、5日間の営業を通して自分の力で契約を掴み取ることは出来ませんでした。

 

いくらも必死にがいても、ただもがくだけでは結果が出せないことを知りました。

ビジネスの世界、特に海外で仕事をしていく上で、プロセスではなく結果が出せることが大前提として大事だということを痛感しました。

しかし、仮説を立てて行動し検証する、を繰り返したからこそ毎日の行動とリアクションに変化が生まれた実感はありました。

 

同じチームで、結果を出してくるメンバーがいる事を素晴らしいと誇らしく思う一方で、結果を出せない自分に心の底から悔しい気持ちがこみ上げました。

 

結果を出せない人間にはなってはいけない、ここで断ち切らなきゃいけない、と強く思いました。

 

結果を出せる人間になりたい。

それが今の私の人生目標になりました。

 

そのために今できることはなにか、どんな目標設定をしていくのか、試行錯誤の日々です。

 

 

 

 

まとめ

 

ここで起こったこと、感じたこと、学んだこと、出会い、成長は全てインドだったからなし得たことだと今は強く思っています。

 

2週間という短い時間の中で、全く違う環境に身を置き、新しい人達と出会い、深夜(朝まで?笑)まで自分と向き合い続けてきたからこそ、今があるし、逆にインドに行ってなかったら今の自分ってどうなってたんだろう、と怖くなるときもあります。

 

それくらいインドに行ったことが私の人生にとって大事なターニングポイントになったと確信しています。

 

今は日本で前と同じ生活を送っていますが、その日々の濃さはインドの前と後で全然違います。

自分と向き合うこと、大事な時こそ自分で自分を1番理解しコントロールしなくてはいけない事を知ったからこそ、自分のやりたいことや目的に一生懸命になれる、毎日がもっと豊かになりました。

 

 

ここでは正直、魅力を伝えきれていません。だから是非、参加して自分で体験してみてほしいと強く思います!

わたしもインドに戻りたいっっっ

森なな

お気に入り登録数:0

このタイモブログのインターンシップ情報 2020年春インド爆速成長プログラム「自分を超えろ!」9期 inデリー

関連するインターン情報

pagetop

PAGE UP