海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/インドの体験談:インド合宿体験談 〜私の爆速成長体験記〜

インド合宿体験談 〜私の爆速成長体験記〜

ニックネーム設定なし
  • 2019/09/30 00:00
  • インド
  • 営業
  • インターン後

こんにちは!

 

インド爆速成長プログラム第8期に参加を致しました福本ゆりと申します!

 

 

 

 

 

実は、私にとってこのインドのプログラムに参加することはとっっっても

 

勇気がいることでした(笑)

 

<インド=怖い国>という方程式が脳内で出来上がってしまっている

 

私にしてみたら、かなりチャレンジングな経験となりました。

 

(しかし、自身の自己管理を怠らずにいればきちんと過ごすことが

 

できる国であることを学びました(笑))

 

今回、私は爆速成長することができたカオスなインドでの合宿の様子をレポートします!

 

私は自身がこのインド合宿に参加をさせて頂いて、

 

とても良い今後の人生への糧を手に入れることができたと実感しているので、

 

このブログを読んで頂いている方にも是非参加をして頂いて、

 

この経験を手に入れて欲しいので、インド合宿での印象的な出来事・経験(私自身のインド合宿体験記)について語らせていただきます!!

 

 

 

 

member_blog_7662_5d91b9db577a9.jpg

 

 

 

目次

 

1, インド合宿での主な出来事

 

(1)   ストレッチな目標

 

(2)   インドで活躍されている方々の講演会

 

(3)   5日間の営業体験

 

 まとめ

 

 

 

 

 

1, インド合宿での出来事

 

(1)   ストレッチな目標

 

インド合宿では、毎日“ストレッチな目標“を立てて、みんなの前で朝礼と終礼でその日の目標の話をします。実は、お恥ずかしながら初めの方の私はなめてて、目標なんて簡単に立てられるし、その時のポッとでのアイデアでなんとかなるとか内心思ってました。だけど、すぐにその考えは吹っ飛んでいきました。

 

なぜなら皆、この目標を立てるかつ達成するのにめちゃめちゃ苦労をして真剣に取り組んでて、これをきちんとできてる人がこの合宿内で爆速で成長してるんですよ。仲間が成長する姿を目の当たりにするのって、かなり焦るんですよね。このままだとダメだと気付いた私は自分に対するストレッチな目標を立てようとしたんですけど、自分が努力して届きそうな目標って何!?ってめちゃめちゃ悩みました。特に、自身の目標を達成できずに“負け癖”をつけるのが怖くて、少し自分に甘い目標を立てて、逃げようとしたこともあります…。(この逃げ方本当にずるいと今でも思う笑)だけど、メンターの方とお話しをして客観的に自分をみて弱みや改善点を見つけ、本当に自分がなりたいと思う姿を考えるきっかけを頂くことができました。

 

この経験から、今までの私は自分と向き合う時間が他人と比べて圧倒的に少ないことの気づきました。だから、自分が分からなくなって逃げようとしたのではないかと今になって思います。実際に、自分と向き合うと自分が知らなかった自分の一面にも触れることができます。(例えば私だったら、案外ビビりで怖がりな癖に変なところで大胆な行動ができたりするとか)あと私は、自分が心の奥底で思っているこうなりたいと思う理想像とかも浮かんだりもしました。さらに、メンターの方や仲間との他己分析をしたりするので、他人から自分がどう見えているのか、自分が気付いていない自身の一面や強みや弱みなども分かったりします。

 

このインドの合宿では、大半の人が精神的に追い込まれる(笑)のでみんなが自身とさらには仲間と真正面から真剣に向き合うことができるのというのは、この合宿の醍醐味の一つと言えると私は思います。

 

あと、この目標設定と振り返りはPDCAサイクルのPCの部分に当たって、合宿中は自然とこのサイクルを個人で回すことができます!!サイクルの回し方についてもほぼ毎日合宿中に回していたので、帰国後も自分一人で行えるようになりました。

 

 

 

 

 

(2)インドで活躍されている方々の講演会

 

インド合宿では、前半の期間に現地で活躍されている方々のお話を聞く機会があります。その場では、インドの駐在員の方のお話やインドで起業をされた方のお話を聞くことができました。皆さんがインドで活躍をされていらっしゃいましたが、働き方のスタイルや労働に対する信念などがそれぞれ違うため、様々な視点からのお話を聞くことができて、私の価値観や視野の幅が変化することができました。私が一番印象に残ったのは『チャンスを取らなければ勝てない』という、インドで在住されている夫妻のお言葉です。やはり、怖じ気づいて何も行動をしないと自分を変えることができないし、自分に打ち勝つこともできないことに気づきました。この言葉は、インドの合宿中の後半の営業活動中にもとても活きてきました。足と頭を止めずに動き続けて、チャンスを取りに行こうと何度も自身の思考を切り替えを試みたことは忘れられません(笑)

 

インドに来なければ学ぶことができなかったであろうことが、学ぶことができる機会を得れたことは、今後の私の人生において大きな糧になりました。インドで活躍されている方は情熱が熱く、信念が強くて自分を強く持っていらっしゃる方ばかりで、私もイキイキと働くことができる社会人になりたいと感じました。

 

 

 

member_blog_7662_5d91bbf0e9f9f.jpg

 

 

 

(3)5日間の営業体験

 

この合宿で大変だったことの上位に入る営業体験()この営業体験では、日本人の駐在員向けのフリーマガジンである『シバンス』に掲載するお店の広告の契約をグループに分かれて取ってくるというものです。(『シバンス』という雑誌は、インドと日本を繋ぐ架け橋になる!という強い信念のもとできている素敵な雑誌です!)

 

営業体験では、グループによって活動方法が異なっていました。というのも、どのグループも自分たちの営業がより円滑に上手くいくように、自分たちに適した方法をみんなが手探りで探していました。私たちのグループはエリアをお互いに決めあって、一人で営業を行いました。(女一人でインドを歩くことが初めの方はめっちゃ怖くて、常にあたりをキョロキョロしてて挙動不審だったと思う笑)一人で動くってなると営業が上手くいかなくて、落ち込むことが多々あったんですけど、チームメンバーからのラインメッセージなどのやりとりで心が明るくなって、自分を奮い立たせることができました。

 

また、営業での一番の難関は『相手のニーズを引き出すこと』でした。相手との会話の中で相手のニーズを引き出すことは、私にとってかなり難易度が高く、初めの方はそんなの無理だと諦めていました。その結果、とりあえず需要がありそうなところに行こう!と全く見当違いな考えに至り、シバンスのバックナンバーや競合の雑誌を読み漁ったり、SNSを見てアジア人がよく行くお店を調べたりして情報を集めていました。そこから営業をかけるお店を絞っていました。だから人よりも営業の場数が少なく、経験が少なかったことが原因で契約を結ぶのが大変でした。また、英語では相手にどう話を投げかけていいのか分からず、自分の主張ばかりしていました。これも問題なので相手の話に耳を傾け、自分が相手の立場に立って営業を行ってみてください笑(自分の話ばかりしていても、相手の心には響かないのでコミュニケーションをしっかり取ってください!)

 

 

 

なので、このブログを読んでいる人はとりあえずお店を訪問して、顧客のお話を相手の立場に立ってよく聞き、ニーズを引き出して経験を取ってみてください!(笑)あとは、粘りに粘って契約をもぎ取ってください!その一生懸命に頑張って取った一件は自分の中で変化を起こすきっかけの一つになります!(ちなみに、私はとある一件がなんとも簡単にスルッと取れたので拍子抜けしてしまい、こんなもんかと思って営業体験をなめてしまった経験があるからこんなことを言っています笑)とりあえず皆さん、この営業体験はやってみないとこの喜び、辛さや仲間がいるありがたさなどは分からないと思うので、ぜひ体験してみてください!

 

 

 

 

member_blog_7662_5d91b9bca4601.jpg

 

    

    2,まとめ

 

                長々と体験記を語りましたが、とりあえず飛び込んでみて当事者にならないと

 

     やっぱりこの合宿の良さは分からないと思います笑

 

あと、やはり日常とは全く違う環境に身を置くことは自分に変化を強制的に促すことができるなと身をもって体験しました。日常生活がなんだか物足りない人、自分に自信がない人や何かにコミットした経験を得たい人など現状に満足していない人には、ぜひ参加をしてもらいたい合宿です。また、私は現在大学3年生ですが、大学1,2年生の方にもこの合宿への参加をおすすめします。まだこういう経験を踏みだすのは早いかなあと躊躇している間に時間はあっという間に過ぎてしまうし、未来を考える時間がたくさんあり、選択肢が多くあるうちにこういう経験を積むことは、今後のキャリアを考える上でとてもいい経験になるし、自身の視野を大きく広げるチャンスにもなります!

 

     

 

最後に私はこの合宿に参加をさせて頂き、日本での日常生活では決して体験で きなかったであろうことを経験し、喜びや悩み苦しみなどを経て成長することができました。

 

この経験を私に与えてくれた親や合宿中に支えてくれた仲間、厳しくも優しくいつも真剣に向き合ってくださった寛大さん(メンターの方)、いつも心動かされる一言をくださった柴田さん(シバンスの出版会社の社長さん)には感謝しかありません。本当にありがとうございます。また、これからもこの仲間とは交流をとり、高め合っていこうと思います!

 

 

 

 

member_blog_7662_5d91bace1f196.jpg

ちょっとうまくまとめることができないですが、一歩を踏み出す勇気で自分を変えることができます!

ぜひ、自分の殻をぶち破るために行動してみてください!!

 

ニックネーム設定なし

お気に入り登録数:0

このタイモブログのインターンシップ情報 2019年夏インド爆速成長プログラム「自分を超えろ!」8期 inデリー

関連するインターン情報

pagetop

PAGE UP