海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブインフォ/【9月29日開催】知られざるレバノン!大爆発?ゴーン?難民?中東のスイスと呼ばれる国のリアル

【9月29日開催】知られざるレバノン!大爆発?ゴーン?難民?中東のスイスと呼ばれる国のリアル

/

2020年8月、首都ベイルートの大爆発が記憶に新しいレバノン。ニュースで断片的に情報を聞くけど、いったいどんな国なのでしょう?なかなか取っかかりにくい中東の国ですが、現地に留学していた大学生や、現地在住歴10年の日本人の方から、リアルなレバノンの話を聞きましょう!

  • イベント情報

【9月29日開催】知られざるレバノン!大爆発?ゴーン?難民?中東のスイスと呼ばれる国のリアル

カルロス・ゴーン氏の逃亡先?首都の大爆発?

レバノンっていったいどんなところ?

 

ニュースで名前を聞くことがあるレバノン。

中東にある国だということは知っている人は多いと思いますが、レバノンについて多くを語ることができる人は、あまり多くないと思います。

 

特に、2020年8月、首都のベイルートで起こった大爆発は記憶に新しいと思います。

レバノン首都で大爆発 写真特集(時事通信)

レバノンでは、いったい何が起こっているのでしょうか?

 

中東、アラブ諸国と聞くと、イスラム教を連想する人も多いかと思います。

けれどアラブ人の中には、キリスト教を信仰している人も多く、レバノンではイスラム教を信仰しているのは半数強。4割ほどの人はキリスト教を信仰しています。

ワインの産地でもあり、美食の国としても知られているのです。

 

今回は、そんな知られざるレバノンについて、現地在住歴10年の法貴さんをはじめ、留学経験のある学生の皆さんから、たっぷりお話をお聞きします!

 

<トピック>

首都ベイルートでの生活・街の紹介

現地の学校の様子、インターン経験

爆発事故とレバノンの現状

レバノンの魅力

宗教

難民

 

 

◆登壇者

・堀越桃奈

 

宇都宮大学国際学部

大学3年の夏からレバノン留学

 

・大竹くるみ

 

東京外国語大学

レバノンに語学留学

 

・山田蒼太

 

上智大学総合グローバル学部5年 

「めぐこ」-アジアの子どもたちの自立を支える会-元代表 

パルシック レバノン事務所元インターン 

 

・法貴潤子

 

Simsim Kitchen主催、翻訳・コーディネーター

南イリノイ大学(米国)人類学部BA。ジャワハルラール・ネール大学(インド)国際政治学部MA、ロンドン大学東洋アフリカ学院(イギリス)開発環境政策学部M.Sc.

旅行した国70か国、住んだ国8か国。インド在住5年、レバノン在住10年目。ベイルート・セント・ジョゼフ大学で3年半教えた後、NGO勤務などを経て、フリーに。レバノンの難民キャンプでサッカー交流試合や難民女性を講師とした料理教室プロジェクトを開催。

 

 

◆モデレーター

・タイガーモブ伴優香子

タイモブ中東アフリカ担当。南アフリカヨハネスブルグ在住。ICU在学中に中東の魅力にはまり、5つの国と地域へ。2014年イスラエルのキブツに滞在中、ガザ侵攻の一部始終を現地で経験して以来、特にパレスチナに関わる問題に関心を持つ。

 

 

<こんな人はぜひご参加ください>

・中東に関心がある

・レバノンに関心がある

・アラブ文化に関心がある

・アラブ、中東エリアに行ってみたい

・海外留学してみたい

・世界の宗教に関心がある

・難民問題に関心がある

・レバノンの大爆発について気になる

 

 

<開催概要>

日時

9月29日(火)20時-22時

※zoomでのオンライン開催です。

※ご希望の方には、録画配信をお送りさせて頂います。ご希望の方は、その旨ご記入ください。

※zoomのリンクは当日、開始1時間前を目安にお送りさせて頂きます。 

 

 

  • <内容>

・イベントの趣旨、zoomのお作法説明

・“わたしの留学生活―ベイルート編―”

・“無計画レバノン留学”

・どこにでもいる日本の大学生がレバノンを好きになった理由

・宗教と難民を通して見るレバノン

 ※各発表の間に質疑応答を挟みます

・チェックアウト

 

 

イベントに参加する

関連タイモブログ

pagetop

PAGE UP