海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/カンボジアの体験談:「久方ぶり!」自分の嫌いなところを羅列するとポジティブになった

「久方ぶり!」自分の嫌いなところを羅列するとポジティブになった

ちょく@東南アジア
  • 2019/09/11 00:00
  • カンボジア
  • 営業,企画・マーケティング,新規事業
  • インターン中

みなさん。こんにちは!ちょくです。

 

今日は、ドミトリーで仲良くなった、カナダ人のジャーナリストのEtienneさんとカンボジア料理を食べてきました!「beef and ants」という素晴らしい組み合わせの料理を頼み、蟻さんの見た目は食欲をそそるものではありませんでしたが、普通においしかったです!

 

そして、Etienneさんはジャーナリストらしく、日本人のLGBT、環境意識について、またカンボジアの歴史や政治情勢など、沢山質問をしてくれたおかげで、普段使わない英語も頑張って会話の中に入れて、とても有意義な時間でした!このような貴重な経験はドミトリーならではだと思います!

 

また、彼のことについても、共有できればと思います。



今日は、自分について、もっと知りたいな~と思って、書きました。完全に、プライベートなことなので、気にしないでください(笑)

 

カンボジアでインターンシップを開始する前、なぜ私が海外インターンシップをするのか、自分の思いつく限り、メモ帳に書いてみました。

 

海外インターンシップが終了し、地元の愛媛に戻り家族に会う時の自分を想像し、こんな自分だったらいいなと思って書いてみると

 

・過酷な環境で自分自身を鍛え、精神的に成長し、自分の目的意識に目覚めている

・自分の弱さと向き合い、失敗をプラスに変えていきながら、ありのままの自分を受け入れられる

・自ら率先して考え、行動に移すことができるポジティブ&アクティブ人間になる。

・チームで働くことの意義を理解し、仲間と協力することができるリーダーシップを手に入れている

 

ここから見えてきたのは、

「今までの自分がすごいコンプレックスなんだ!」ということに気づきました。

 

次に、今までの自分がどういう人間だったのか?を羅列してみると、ペンが走る、走る(笑)

どんだけ嫌いやねんと思いました!

 

ざっとこんな感じで、

 

・自分が変わろうと努力をしていない

・メンタルが総じて弱い

・中途半端な決意で終わってしまう

・自分のことについて知ることを恐れている。嫌いという言葉で逃げている

・自分をさらけ出せない。殻に閉じこもりがち

・家族に対して、ドライ

・何でも自分だけでやろうとする

・要領が悪い

 

まだまだ書くことができそうですが、とりあえずこの辺りで(笑)

中々のクソ人間であるかということが、分かっていただけたと思います。

 

これら上記の自分の嫌いなところを→どうしたら克服できるか?をまたゆっくり考えてみました。

 

・自分から変わろうとアンテナを常に張り、行動していく

・失敗してもめげず、次に生かそうと努力する

・やると決めたら、5カ月間何かを毎日行う。

・自分の深堀を欠かさない。自分の気持ちを汲み取るため。

・悩みを話すことのできる人に相談する

・家族に感謝の気持ちで接する。電話をできるだけ毎日行う。

・周りに意見を求め、協力を促す。経過報告を怠らない。

・助けを求める。質問することを恐れない。

 

ざっと書いてみると、カンボジアでの生活一つ一つに繋がっています。

 

新しい道を通ったり、ローカルフードを食べたり、今日はこれに挑戦してみようと目標を立てて、しっかり振り返ったり、このブログの様に自分のことについてつらつら書いたり、日本人の経営陣の方にアドバイスを求めたり、親に今日はこんな発見があったと伝えたり、

 

今までよりも、世界が広がった気がしています。多分、海外あるあるだと思いますが、この環境をフルに活用していきたいと考えています。

 

日々、新たな発見を!

 

ポジティブにアクティブに!

 

今日はこれで!

 

ちょく@東南アジア

お気に入り登録数:0

このタイモブログのインターンシップ情報 カンボジアの金融機関にて新規事業に携わるインターンシップ

関連するインターン情報

pagetop

PAGE UP