海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/インドの体験談:インド合宿体験談|インドに行ってきたわよ

インド合宿体験談|インドに行ってきたわよ

そん
  • 2019/01/16 00:00
  • インド
  • インターン後

はじめまして。松下と申します。

 

普段は都内某大学で地味な女子大生をしております。

 

目次は以下の通りです。

 

1参加した目的

 

2実感したこと、気づき

 

3参加を検討されている方へ

 



 

1 参加した目的

 

以前私は深センの合宿にも参加しました。その後タイモブ関係者の方から本合宿のお誘いを受けました。

 

前々からインドに興味はあったものの、一人で行く勇気がなかったため「ほぉん 話のネタになるだろうし行ってみるか」位の軽い気持ちで参加を決めました。

 

 

実感したこと、気づき

 

インド合宿にて感じたことを4つの項目に分けてご説明したいと思います。

 



 

日本のインフラのすばらしさ

まず一番に感じたことです。 バンガロール市内の道はボコボコで歩きづらく、また横断歩道が少ないため車やバイクがビュンビュン飛び交う車道をタイミングを見計らってぶった切る必要があります。こわ、、、、。

 

そしてホテル内では某Gが毎日のように発生し、出る度に発狂していました。また、シャワーを浴びている際、なぜかお湯が途中から冷水に切り替わるという裏切りに何度も会い、そのたびに発狂していました。

 

私たちは毎日当たり前のように整備された道、電気や水を使用していますが、それはたいへんありがたいことなのだなと実感しました

 

 

インド人が日本に来ない理由

現在、日本に来る外国人の割合は、在留、旅行共に中国が最も占めています。しかし、中国の次に人口が多い国であるインドはそもそもあまり日本に来ません。(詳しくはググって)

 

「インドと日本の仲は悪くないのにどうしてだろうか」と疑問に思い私は個人ワークの一環としてインド人約300人に「何故日本に行かないのか」という聞き取り調査を行いました。

 

「観光ビザが取りにくい、面倒」という理由が圧倒的に多かったです。(日本人側も面倒なビザ手続きをしないとインド入国が出来ません!!!!!!!!!マジで面倒くさい!!!!!本当に!!!!!)調べてみると、日本はインド人に対し短期滞在によるビザ免除が認めていないことが分かりました。

 

せっかく人口の多いインド人を観光産業に取り込もうとしないのはなんだかもったいないなあという感想を抱きました。

 

コミュ障が治ったか!?

私は普段超絶人見知りです。初対面の人に対しては酒が入っていないと目すら合わせられません。日本人ですら話しかけるのが苦手な私がましてや外国人、しかもインド人に積極的にコミュニケーションなんて取れるのだろうか、いや、できない、と当初は思っておりました。

 

しかし、見かけこそ怖いインド人ですが、中身は穏やかな人ばかりでした。皆日本人に対し友好的であり次第にインド人に対するコミュニケーションスキルが身に付いてきました。そして最終的には何百人ものインド人とやり取りをすることが出来ました。インド人に関しては円滑にコミュニケーションができるようになったのではないかなと思います。(インド人慣れしているオーラが出ていたのか、偶然にも帰国後最寄り駅でインド人に道を尋ねられました

 

 

計画性の大切さ

本合宿では毎日一日の始まりに自分の今日の目標を全体の前で発表をします。そして夜にその目標を達成できたかについても発表します。今まで自分は行き当たりばったりで行動していて、目標なんぞ定めても実行しないことがほとんどでした。しかし、合宿期間中は「ああ、全員の前でああ言ってしまったのだからやらねば」という意識が働き自然と目標達成に繋がりました。

 

そして終盤の「自分の未来予想図」を発表する際は、何故そうしたいのか、その夢を実現するための具体的な行動は何か、などを深く考え、自分の将来を見直す良い機会となりました。

 

今後もきちんと小さなことから計画する癖をつけねばなと感じました。

 

 

 

3 参加を検討されている方へ

 

インドはご想像通りとてもカオスな国です。環境に合う人合わない人がはっきりしており、メンターの柴田さんいわく、駐在員の自殺率が最も高い国らしいです。しかし、カオスな環境でしか気づけない自分の強み、長所が発見できるかもしれません。本プログラムは自分たちが主体となって行動する場面が多く、オートリキシャの値段交渉、長い車道を横断する、など今までしたこともないような行動をする必要があります。私の場合、最初は不安で仕方ありませんでしたが、やってみると案外できた為「ああ、こんな混沌とした環境の中でもやっていけるんだな」と自分のたくましさに気付くことが出来ました。

 

それとビザの手続きが本っっっ当に面倒です。覚悟をしていた方がいいです。あとご飯は普通においしいのでご安心を。

 

 

最後に、合宿参加者のみなさま、タイガーモブのスタッフのみなさま、現地メンターの柴田さん、本当にお世話になりました。あらためて感謝申し上げます。

 

 

 

そん

お気に入り登録数:0

このタイモブログのインターンシップ情報 年末年始インド合宿「未来予想図を描け!」inバンガロール

関連するインターン情報

pagetop

PAGE UP