海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/カンボジアの海外インターンシップ一覧/カンボジアの米どころで日本古来の発酵食文化を広めるインターンシップ

カンボジアの米どころで日本古来の発酵食文化を広めるインターンシップ

/

カンボジアで糀を使った料理を提供する日本食レストランを立ち上げ、運営するインターンシップです。日本で300年以上の歴史を持つ発酵食材メーカーの現地法人で飲食店経営に関する全てに携わることができます。20年以上の経験を持つシェフでもある代表と一緒に、自らもアイデアを出しながらカンボジアで糀を広めてください!

  • 期間:3ヶ月以上,半年以上,約1年
  • カンボジア
  • 新規事業 / 拠点立ち上げに挑戦する,過酷な環境に飛び込む,海外と日本をつなぐ,複数職種に携わる

インターンシップ内容

◆カンボジアの米どころで日本古来の発酵食品を広めるインターンシップ
カンボジアの米どころバッタンバンで日本古来の発酵食品である糀の工場、発酵レストランを始動します。
日本で創業300年以上の歴史を持つ企業がカンボジアに現地法人を設立致しました。

日本では甘酒、塩糀等が一時ブームになってはいますが長い目で見た場合、本来の発酵食品を作っている老舗も大手工場生産物に押され、本来の発酵食品の利点、技術などが失われて行ってる現状です。
また、カンボジアは過去の不幸な時代の影響もあり食品加工の技術がまだ乏しく政府の重点課題となってます。

そこで、米が主要農産物であるカンボジアに技術移転する事でSDGsの観点からも両国に取ってプラスになると考えてます。 カンボジアでは従来の糀の使い方だけでなく西洋やASEANにも受け入れられる新しい糀の有用性を探っていきます。


◆インターンシップ内容
糀の発信のアンテナショップとして立ち上げる発酵食品を使ったレストランの運営をお任せします。
飲食に25年以上携わっている現地代表と一緒に企画して作り上げていけるインターン生を募集します。
まずは基本的なレストラン運営(キッチン、ホール業務)に携わってもらいますが、慣れてきたら
・材料の発注、仕入れ
・SNSでの発信、集客
・麹のワークショップ
・レストランを使ったイベントの企画、実行
・商品開発
など、インターン生自身の興味関心に応じて、自らアイデアを出し、実行することにチャレンジできます。

身に付く力・得られる経験

・飲食事業の立ち上げから経験できる
・糀を通して日本古来の発酵食文化を学べる
・調理技術、接客マナーが学べる
・飲食店を通してマルチタスクが学べる
・基本的に日本人より西洋人やカンボジア人相手の接客になるので多国籍の方と交流できる
・SNSなどを活用した情報の発信などの経験ができる


★このインターンシップに参加することで得られるメリット!
レストラン業務を通じて、1つのプロジェクトを企画から実行まで行ってもらいます。 基本英語でのコミュニケーションになるので、活きた英語が身につきます。

こんな人を求めています

受け身でなく、自ら行動を前向きに実行できる方

募集要項

インターンシップ先国
カンボジア
インターンシップ先都市
バッタンバン
インターンシップ期間
3ヶ月〜1年
インターンシップ日数、時間
カンボジアの法に基づき48時間/週以内 シフト制です
報酬・手当
・手当(3ヶ月目以降支給)
・住居用意(シェアルーム)
・食事は賄い支給
・売上に応じて手当支給
・ビザ費用(インターン期間終了後支給)
必要なスキル・資格
必要最低限の英語とやる気、調理経験あれば望ましいです。
受け身でなく何事にも積極的な方を募集してます。
担当者からのメッセージ
まだまだ新しい会社です。私たちのプラットフォームを活かして皆さんの可能性を弊社で試して下さい。

企業紹介


昨今、コロナをきっかけに発酵食品など免疫力を上げる食事が見直されています。日本にも昔から発酵食品はありましたが昔からの歴史のある老舗は工場化の波に押され右肩下がりになっているのが現状です。 そこで農産物は豊富にあるが食品加工の技術が求められているカンボジアに日本古来の食品加工技術(糀)を持ち込むことにより、カンボジアと日本のお互いの利点を活かした新しい関係を築く事が可能と考えてます。
事業内容
糀製造販売
麹を使った調味料などの製造及びプロデュース
糀の新しい使い方の発信(特に西洋に)
従業員数
日本人1名 カンボジア人3名
使用言語
社内、社外共に英語
経営者プロフィール
シェフ歴20年以上、現在はカンボジア在住。 手づくり糀からつくる味噌・塩麹・甘酒等を使った心と身体に優しい無添加調味料ラーメン&タパスバー を経営した後に、当社を2023年に設立し現地代表に就任。 20代前半で渡豪しパーマカルチャーやホリスティックライフと出逢い、その後帰国しマクロビオティックを学ぶ。 オーストラリアで7年暮らし、外国では本物の日本の調味料があまり出回っていない事、そして日本の伝統である食文化を外国で根付かせ守り続けていきたいと使命感を持つ。 そして日本の国菌である糀と出逢い、妻と二人三脚で糀づくりを始める。 2019年にカンボジアの米処であるバッタンバン州に移住。
タイモブからのメッセージ
海外経験も豊富で、20年以上のシェフとしてのキャリアを持つ代表のもとでのインターンシップです。日本の伝統的発酵食材である糀を使った料理を提供するレストランの立ち上げから経験できます。基本的なレストラン業務を行いながら、SNS発信やイベントの企画などインターン生自身の興味関心に応じて、様々なことを実践することができます。飲食店の経営に関するほぼ全てを経験できるので、将来海外で飲食店を立ち上げたい方、日本の食、いいものを海外で広めたい方にピッタリのインターンシップです!
このインターンに応募する タイモブに相談する
pagetop

PAGE UP

応募する 相談する