海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/【サバイバル・上海】アフターデジタル(オフラインのない時代)のユーザーエクスペリエンスを体感する3日間

【サバイバル・上海】アフターデジタル(オフラインのない時代)のユーザーエクスペリエンスを体感する3日間

/

アフターデジタル。全てがオンラインに包まれることを想定された世界。国家戦略の一部としてとてつもないスピードで、顧客体験のデジタル化が進む上海。現金を1円も使わない、圧倒的に使い勝手の良いサービスを、興味関心を軸にSurvivalしながら最高の顧客体験(UX)をしませんか?

  • 期間:2~3週間
  • 中国
  • 新規事業 / 拠点立ち上げに挑戦する,企画・マーケティングに携わる,専門性を極める

研修内容

GAFAとBATH、アメリカと中国の巨大企業を称して呼ばれる呼称。

その中国の企業がこぞって集まるエリアが、今回のプログラム実施地「上海(シャンハイ)」です。

プログラムの密度を高めるために、8名限定のプログラムです。(当初8名予定でしたが、運営人員を増やし、12名での催行とします。)

 

なぜ、上海か。〜WHY SHANGHAI?

 

中国で最も大きなマーケットとなっている上海。

100万ドルの夜景と呼ばれる外灘(ワイタン)や、デザインを学ぶ人が目指す田子坊、トレンドが集結する新天地。

 外灘フリー素材

 

多くの観光客が訪れ、賑わう街です。

そんな上海ですが、不動産価格が高騰し、1億円を超えるマンションが乱立し、平均年収を鑑みると東京都心よりも、不動産購入が難しい。そんな状態です。一方で元々上海に住んでいた方々は、不動産価格の高騰による恩恵を受けることもあります。

 

上海には、出稼ぎの労働者や、観光客など大量に人とお金が集まります。

そして、その人たちの好みや、住んでいるエリア、年齢、収入などは様々な傾向を持ちます。

それだけ、志向性の幅が広く、モノが売れる状態であるからこそ、ファストフードショップから超高級ブランドまで各社がしのぎを削って、顧客への購買行動を促すのです。

 

タイガーモブで提供している「深セン未来合宿」でもあるように、Fintechは当たり前、キャッシュレスの世界で、

現金を使わない生活が日常となっていることは変わりません。深センとの違いは消費の中心地だからこそ、「顧客体験(UX=ユーザーエクスペリエンス)」に磨きがかかっていることです。

 

デジタルを前提とした店舗設計、サービス設計。

「デジタルの中に、リアルが内包される」という考え方を軸にしているため、日本におけるUXと上海におけるUXは圧倒的な違いがあり、ユーザー視点で考えた時に使いやすく、便利で効率的だと感じる瞬間が非常に多いのが、上海の街で感じることができます。

 

また、上海はアリババのお膝元の杭州からも近く、また大都市であることから、アリババ関連のサービスが非常に発展し、実証実験の現場も多く用意されています。ただし、それはあくまで実証実験であり、数ヶ月後には存在そのものがなくなっているなんてことも多いです。

 

デジタル時代の「顧客体験(UX=ユーザーエクスペリエンス)」の最先端が体験できること。

上海には、そのエッセンスが凝縮されています。

 

Winner takes all が生み出した、最高のユーザーエクスペリエンス追及の姿勢

 淘汰されるOFO

 

なぜ、そこまで「顧客体験(UX=ユーザーエクスペリエンス)」に磨きがかかっているのか。

 

それは中国の市場環境が影響しています。

中国そのものが、13億人という超巨大マーケット。

このマーケットのディファクトスタンダードを取れさえすれば、企業の業績としては安定し、より大きなチャレンジができるようになることはほぼ間違いありません。

 

イメージしていただきたいのは、Suica。

単純な比較でも日本の10倍の人口を抱えたマーケットでSuicaが当たり前のように使われるようになったら、その運営会社はどれほどの収益を得ることができるでしょうか。

 

想像もできないですよね。

そんな戦いが、Fintech領域(WeChat Pay VS Alipay)で起こり、カフェ(Starbucks coffee VS Luckin coffee)で起こり、シェアリングサイクル(mobike VS Hello bike)で起こり、デリバリ(美団vsウーラマ)など、各方面で起こっています。

 

彼らはこのマーケットでトップを取ることが、最もスピード感を持って事業を推し進めていくことができると考えて事業に取り組んでいるのです。

 

そして、そのために最も大切なことが、最高の顧客体験。「顧客体験(UX=ユーザーエクスペリエンス)」に磨きをかけることです。

 

ユーザーの不満をデジタルデータを軸にして、改善し、すぐさまサービスに実装し、ユーザーの囲い込みをして、ファンになってもらおうとする姿勢は、日本の仮説検証やPDCAサイクルのスピードとは全く異なり、異次元の速さです。

 

ユーザーエクスペリエンスを体感し、違いを感じてもらうのが今回の目的。そのための「サバイバル上海」

 

 

今回は、3日間で機会をご提供します。

その中で、経験できるのは下記です。

 

<インプット>〜DAY 1〜

・OMO(Online Marges with Offline)の概念と中国の過去・現在・未来

・アフターデジタルの世界

・UXの磨き上げの考え方(サービスグロースハックの考え方)

・NPSの考え方

・中国でスケールしている企業の事業戦略

・winner takes all の世界におけるROIの考え方

・わかりやすい競合環境になっている企業の事業戦略の取り方の違い

 ーStarbucks VS Luckincoffee など複数ご紹介

 

<アウトプット>〜DAY 1・2・3〜

以下のサービスをご自身で確実に利用していただきます。

・決済領域:WeChat Pay

・コミュニケーションアプリ:WeChat

・配車アプリ:DiDi

・検索エンジン:Baidu

・地図アプリ:百度地図

・シェアリングサイクル:Mobike(Hello bike)

・シェアバッテリー:街電

・コーヒーデリバリー:Luckin coffee

・OMOスーパー:フーマー、チャオジーウージョン

 

<推奨訪問先>〜DAY 1・2・3〜※いくつかはご自身で選択いただきます

アリババのニューリテール戦略の中核的な存在となる生鮮スーパー「盒馬鮮生(フーマーフレッシュ)」

・テンセント陣営がアリババの「盒馬鮮生(フーマーフレッシュ)」に対抗して出店したOMO店舗「超級物種」(チャオジーウージョン)

・世界最大のStarbuckscoffee「スターバックスリザーブロースタリー上海」

・中国最大のコーヒーチェーンであるユニコーン企業「Luckincofee」店舗

・無人コンビニ「X24H」

・ロボットがお酒を作ってくれるカフェ「ratio(比率)」

・昔ながらの中国の建造物を残しながら、トレンドを取り入れた「新天地」

・店舗での体験を通したブランディングも重視した、NikeとAdidasのフラッグシップ店舗

・在庫を一切店頭に陳列せず、サイネージと接客で価値を伝えるコスメブランド「MAC」

・店員と一切話す必要がない「マクドナルド」

・100万ドルの夜景を見ることができるハイアット オン ザ バンド(Hyatt on the Bund)(おまけ)

・未来レストラン「SPACELAB失重餐庁

・ファストファッションブランド「URBAN REVIVO(UR)」のOMO店舗

・インテリアのユニコーン企業「造作」のOMO店舗

 

<リフレクション>

・日本のサービス体験との違い

・UXの作り込みの違い

・これからビジネス構造や、自分の活動を考える際に何を意識しないといけないか

 

<シェアリング>

・訪問した先の情報を夕食を摂りながら、皆さんでシェアしていただきます。

 

<プログラム運営方法>

【DAY1:インプットと体験メイン】

現地の状況について、ビービット上海オフィスの立ち上げ期メンバーの滝沢氏より、インプットがあります。

また、優れたUXを提供している場所を滝沢氏の解説付きで訪問することで、中国のUXのベースデザインを体感し、理解を促進します。

 

【DAY2:体験(サバイバル形式)】

DAY1の夕食時に興味関心が会うメンバーと2名〜3名でチームを組んでいただき、一日の行動計画を立案してもらいます。午前中は滝沢氏より、インプットと体験提供を行います。

午後は、運営サイドから、ミッションをお伝えしますので、チームでミッションをクリアして、指定の場所に指定の時間にお集まりください。(指定の場所で滝沢がお待ちしております。)

運営中、質問はWeChatで受け付け、場所によっては同行しながら詳しく説明しますが、基本的には皆さんだけで体験をすることで、サバイバルするからこそ、感じるサービスの良し悪しを体感してもらうセッションです。

夜には、全員集合し、リフレクションと情報共有を行う1日となります。

 

【DAY3:体験を踏まえた体験(AMのみ)(サバイバル形式)】

DAY1、2を踏まえて、3日目はお昼までとなりますので、そこまでに経験したいことを整理し、再度、体験をしていただきます。

最後空港にて、全体の振り返りを行います。

 

*プログラムはご参加いただく方の興味・志向を踏まえて、変更になる可能性もございます。あらかじめご了承ください。

身に付く力・得られる経験

・ユーザーエクスペリエンスをロジカルに考え尽くした上でのサービス設計思想

・英語、日本語で動かないサービスを使う経験

・アフターデジタルの世界観でのサービスの考え方

・社会主義国家におけるPDCAのダイナミズム

・(おそらく)現金を1円も使わない生活

 

こんな人を求めています

・顧客体験、UX、ユーザーファーストなどといった言葉に馴染みのある方

・上海における利便性を突き詰めたサービスを体感したい方

・デジタルマーケティングへの興味関心および携わりたいと思っている方

・日本と中国のサービス開発思想とそのスピード感の違いを感じたい方

・そんなに中国って発展しているの?と疑問を持っている方

募集要項

研修先国
中国
研修先都市
上海(SHANGHAI)
研修期間

9月21日(土)〜9月23日(月)

<プログラム運営方法>

【DAY1:インプットと体験メイン】

現地の状況について、ビービット上海オフィスの立ち上げ期メンバーの滝沢氏より、インプットがあります。

また、優れたUXを提供している場所を滝沢氏の解説付きで訪問することで、中国のUXのベースデザインを体感し、理解を促進します。

 

【DAY2:体験(サバイバル形式)】

DAY1の夕食時に興味関心が会うメンバーと2名〜3名でチームを組んでいただき、一日の行動計画を立案してもらいます。午前中は滝沢氏より、インプットと体験提供を行います。

午後は、運営サイドから、ミッションをお伝えしますので、チームでミッションをクリアして、指定の場所に指定の時間にお集まりください。(指定の場所で滝沢がお待ちしております。)

運営中、質問はWeChatで受け付け、場所によっては同行しながら詳しく説明しますが、基本的には皆さんだけで体験をすることで、サバイバルするからこそ、感じるサービスの良し悪しを体感してもらうセッションです。

夜には、全員集合し、リフレクションと情報共有を行う1日となります。

 

【DAY3:体験を踏まえた体験(AMのみ)(サバイバル形式)】

DAY1、2を踏まえて、3日目はお昼までとなりますので、そこまでに経験したいことを整理し、再度、体験をしていただきます。

最後空港にて、全体の振り返りを行います。

 

*プログラムはご参加いただく方の興味・志向を踏まえて、変更になる可能性もございます。あらかじめご了承ください。

 

【事前研修】

9月8日(日) 13:00~15:30

オンラインでのご参加も可能です。

事前にアプリのインストール、グループチャットの作成をお願いします。

*アプリのインストールを現地で行うと、体験の質が著しく低下しますので、必ずアプリのインストールとグループチャットの参加をお願いいたします。

*学びを深めるために、事前の日本での視察をおすすめします。

*「アフターデジタル」の書籍購入をおすすめします。

 

【事後研修】

10月5日(土) 17:00~19:30

研修日数、時間

3日間

※現地集合・現地解散

集合:9/21(土) 11:40までに上海浦東国際空港

到着の便でお越しください。

空港からサバイバルしたい方は、13時半までに指定のホテルまでお越しくダサっても大丈夫です!

※参考:フライトにもよりますが東京からの出発目安は21日の朝8時半となります。

解散:9/23(月) 17時以降の便でご帰国ください。

※参考:フライトにもよりますが東京への到着目安は23日の21時半となります。

報酬・手当

プログラム参加費用:108,000円(税込)

その他ご負担いただく費用:航空券(6万円〜8万円程度)、宿泊代(2万円程度)、現地活動費用(2万円程度)、海外旅行保険(3,000円程度)

 

航空券と宿泊はご自身で別途手配していただくことになります。

オススメの宿泊場所などはこちらから参加が決まり次第、共有させていただきます。

必要なスキル・資格

話せる必要はありませんが、現地では中国語が一般的で、想像以上に英語および日本語は通じません。

主催者紹介

滝沢氏

滝沢 頼子

東京大学卒業後、株式会社ビービットに入社し、UXコンサルタントとして大企業を中心に多くの企業に支援を実施。また上海オフィスの立ち上げ期メンバー。
その後上海のデジタルマーケティングの会社に転職。日系企業への営業・コンサルティングに加え、経営企画職を経験。
現在はフリーランスとして幅広く活動中。
中国に関しては、2018年から「たきさんのちゃいなブログ」で中国に関する情報発信を始めたことをきっかけに、企業への中国視察アテンドや講演、中国事業に関するコンサル、メディアでの記事執筆なども行っており、最近では、Yahooニュースの中国デジタル・IT領域のオーサーも担当している。

 

参加者の声

・全般的な滝沢さんの上海、中国全般に関する知識の共有。リアルな現地のテクノロジー浸透度や考え方など、多面的に知ることができた。


・アリババのOMOの現状の限界値も把握でき、日本でもどうやっていくべきか、とても参考になった。

タイモブからのメッセージ

中国というと、どんなイメージをみなさん持たれるでしょうか。

今回プログラムを実施するにあたり、タイモブでもトライアルを行い、非常に手応えと価値を感じています。

将来、IT領域でサービスを立ち上げたり、マーケターとして活躍したいと考えている方は、リテールとデジタルをどう考えてビジネスをデザインしていけるかを考える機会にもなります。

物理的な距離が近い、上海でこれだけの体験ができるのは、なかなか他にはないのではないかと思っています。

ぜひ参加してみてください!

今すぐ申し込む オンラインで話を聞く
pagetop

PAGE UP

申し込む 話を聞く