海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/【11月開催】世界のキャリアキャンプ~常識から自由になり、人生をデザインしよう~

【11月開催】世界のキャリアキャンプ~常識から自由になり、人生をデザインしよう~

/

自分の生き方は自分でデザインする。生き方やキャリアが多様になった今、自分はどう生きたいだろう。広い世界にはさまざまな生き方をしている人がいます。自分自身を振り返り、対話を通して自身のキャリア観・人生観を世界規模にアップデート、ネクストアクションを明確にしましょう!

  • 期間:1週間以下
  • 日本

研修内容

自分はどうやって生きていきたいんだろう。人生をデザインするには?


終身雇用制は幻だ。
今の生き方は、もうとっくに多様になっている。
自分の常識や固定概念をとっぱらい、自己実現のために、人生をデザインする時代。


グローバル化の波や不確実性の増した世の中。
国の枠を超えて視野を広く持つと、そもそも終身雇用制がメジャーだという国のほうが、マイノリティなのだ。


自分は何をしたいのだろう。
自分のしたいことは、どうしたら実現できるのだろう。
何に挑戦すればいいんだろう。
このまま今の会社で働いていていいのだろうか。
このまま就活をしていいのだろうか。


自分の人生を、自分でデザインするために、多文化の人と語り合いながら、
キャリアと生き方に向き合ってみませんか?


4日後、未来の目指す姿がちょっぴりクリアになり、自分が取るべき次のアクションが見えているはず。





生き方や価値観からキャリアを考える4日間プログラム
ー未来の姿や次のアクションが、ちょっぴりクリアになるはずです


あなたにとってキャリアとはなんですか?
キャリアは、単なる仕事の選び方ではなく、生き方や自分自身の価値観にも深くかかわっていること。


このプログラムの目的は3つ。

● 自分自身の価値観を知る
● キャリア観・価値観の固定概念を壊し、アップデートする
● 目標をたて、宣言する

自分の価値観を言語化し、他者の視点を取り入れることで、見えてくるものがあるはずです。


■ スケジュール
Day1:自分に向き合う①あなたは何者か
   これまでの人生を振り返る、アイデンティティワーク、何者でありたいか
Day2:自分に向き合う②未来を描く、イキガイを問う
   未来の自分のアイデンティティ、イキガイ
Day3:イキガイダイアログ※
   「あなたのイキガイは?」「あなたは何ものですか?」
   (ダイアログの形式は参加人数によって異なります)
Day4:これからを再定義する、ネクストアクション


※Day3のみ、多国籍のゲストをお呼びするので、英語が公用語になります
※苦手な方はフォローに入るので、事前に申告してください



自分のもっている「常識」は、自分を行動を狭めているかもしれない


2017年のBBCの記事では、イギリスでは平均5年、アメリカでは平均4年で転職をするそうです。
キャリアや生き方の常識は、場所やコミュニティが変われば大きく変わります。


そもそもなぜ一つの職場に5年いないといけないといわれているのか?
なんで就活をするのか?


正解なんてないはずなのに、あたかも正解かのように常識を振りかざされたとき、あなたはどうしますか?
考え方の枠を少し広げるために、キャリアキャンプでは3つの工夫をしています。

● 異なる他者とのダイアログ①:参加者同士の対話を通して、自己を俯瞰します
● 異なる他者とのダイアログ②:異なる文化圏で暮らすゲスト(※)を招き、価値観について対話します
● 世界で注目されているフレームワーク:人生やキャリアを考えるために国を超えて注目されているフレームワークを使います




アフリカ地域、中東地域、ヨーロッパなどからゲストをお呼びして、イキガイやキャリアについてのダイアログ(対話)を行います。

【3日目ゲスト(仮)】※確定ではありません
・南アフリカ出身の若手起業家
 アクセラレータープログラムで多くの起業家のメンターとして活躍。
・スリランカのMBA学生
 ユースリーダーシッププログラムのスリランカ代表として日本訪問。
・オーストラリアと中国で登記、航空系スタートアップを立ち上げた若手中国人起業家
・フリーランス、旅人として活躍するUAE女性
・キプロスの大学生
・モザンビークの大学生



※11月4日までに最少決行人数:6名(社会人)に満たなかった場合、開催延期



■ファシリテーター

伴優香子(YUKAKO BAN)


中東アフリカ担当、企画・クリエイティブ担当。南アフリカ在住。
国際基督教大学教養学部アーツ・サイエンス学科卒。経済学・国際関係学専攻。学生時代、中東地域の学生と交流する学生団体の代表を務め、2014年にはイスラエルのキブツで就労。キブツ滞在時に、現地でガザ紛争の一部始終を体験する。大学卒業後、コンサルティング会社に入社。公共コンサルティング本部にて、公共制度輸出案件や海外人材採用活動等に携わる。前職在職中、内閣府主催「世界青年の船」事業に日本代表青年として参加。その後タイガーモブにジョインとともに、南アフリカ共和国からのリモートワークに挑戦している。イスラエル・ルワンダ・南アフリカ・UAEなどで一般や企業向けの研修も担当。2020年、オンラインビジネスピッチ、ジェンダーギャップ、平和・異文化コミュニケーションなど、一般や教育機関向けのさまざまなオンラインプログラムを企画・運営している。
Webメディア・チャリツモでも、コンテンツディレクターとして編集・企画・執筆などパラレルワークにも取り組む。

身に付く力・得られる経験

・キャリアを見つめなおす
・価値観を見つめなおす
・自分自身の「常識」や「当たり前」を批判的にみる
・キャリアや価値観を再定義する
・次のアクションを明確にする
・自分の目指す像(ビジョン)がクリアになる

こんな人を求めています

・自分のキャリアや生き方にじっくり向き合いたい人
・なんとなく、今のキャリアにもやもやしている
・キャリアチェンジを考えている
・転職したいが何をしたいかわからない
・就活中で、何を目指したらいいかわからない
・コロナを機に、生き方を再考したいと思っている
・若手社会人(あるいは就活生)

募集要項

研修先国
日本
研修先都市
オンライン
研修期間
・11月8日(日)20:00-22:00 ※
・11月15日(日)20:00-22:00 ※
・11日22日(日)20:00-22:00
・11日29日(日)20:00-22:00

※第1回と第2回については、欠席した方には録画を配信します。
研修日数、時間
Day1:自分に向き合う①あなたは何者か
Day2:自分に向き合う②未来を描く、イキガイを問う
Day3:イキガイダイアログ※
Day4:これからを再定義する、ネクストアクション

※英語が公用語になります
※苦手な方はフォローに入るので、事前に申告してください
報酬・手当
25,000円
(学割:10,000円)
※報酬・手当ではなく参加費がかかります

※11月4日までに最少決行人数:6名(社会人)に満たなかった場合、開催延期
必要なスキル・資格
・特になし

主催者紹介

・タイガーモブ株式会社

"次世代リーダーの創出”をミッションに、小さな一歩から大きな挑戦まで、世界中で価値ある繋がりと機会を提供し、未来をリードする人と組織を創出する実践型教育機関。アジア新興国をはじめ、アフリカや南米等、世界42ヶ国300件以上の海外インターンシップ、海外プログラムを紹介。これまで約2,000名以上の学生・社会人を世界に送り出し、当たり前が変わる体験を提供しています。

国籍・世代・ジェンダー・所属・個人の限界、あらゆる境界を超えて、これからの変化を担う人が繋がり、シナジーを生み出す次世代リーダーが集うコミュニティを運営しています。

参加者の声

初回のため、参加者の声はありません。
今すぐ申し込む オンラインで話を聞く
pagetop

PAGE UP

申し込む 話を聞く