海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/フィリピンの体験談:本物のビーチリゾート!セブの5つ星ホテル 〜MOVENPICK〜

本物のビーチリゾート!セブの5つ星ホテル 〜MOVENPICK〜

Hideaki
  • 2016/09/06 19:22
  • フィリピン
  • 営業
  • インターン中

どうもHideakiです!セブでのインターン楽しんでいます!今回はセブの情報をお伝えいたします。

 

 

フィリピン中部に位置するセブ島。ただセブ島はセブ州の中の一つの島で、中でも中心となるセブシティではビジネスやフィリピンのローカルな現住民たちが住んでいます。もちろんセブ島にもビーチは幾つかあるが、どちらかというより街なのです。セブシティから一番近くにマクタン島という島があります。セブ・マクタン国際空港がこの島にあり、セブに来るならまず最初に訪れる島です。日本から直行便もあり、フィリピン各島々からの国内線の発着便となっています。

 

 

 

セブシティへは大きな橋があり、タクシーやジプニーで30分と非常に便利です。そんなマクタン島の北東にたくさんのビーチが存在します。その中でマクタン島で一番評価の高いビーチがあります。

 

 

member_blog_375_57bda8dced6f5.jpg

 

MOVENPICK Resort&SPA。旧ヒルトンホテルだった施設を別のオーナーさんが買い取り、新しくしました。Shangri-la Resortと比べどちらかというとカップルや夫婦向けのビーチリゾートです。モダンな建物に爽やかなそのビーチと景色が堪能できます。この区域の開発は規制がかけられているので周囲に高層建築物は無く、思う存分に景色を楽しむことが出来ます。

 

エントランスは非常に清潔感に溢れ、普段の生活を忘れさせてくれます。ホテルスタッフはフィリピンらしい愛想の良さに加え、まるで日本にいるかのような上質なサービスを提供してくれます。また日本人スタッフも駐在しているため、英語が得意でない方でも安心して施設を利用することが出来ます。

 

 

 

モーベンピックにはマクタン島ならではのアメニティがあります。プールはホテルのレストランの目の前にあります。水深が浅いので子ども連れの家族が多くみられ、非常に穏やかな雰囲気が漂います。また、レストランで注文した食事やドリンクをプールサイドに持ち込んで、日光浴することも可能です。また、あまり日焼けしたくないという方には、リラックスルームがおすすめです。プールと海岸の間に設置されており、非常に風通しが良く心身が休まります。細部のデザインにも凝っていておしゃれですね。

 

そして、プールやリラックスルームの先に広がっているのがMOVEN PICKのプライベートビーチです。まさに”リゾート”という言葉がしっくりくる白い砂浜に透き通った海が用意されています。これはセブ島中心街に位置するホテルでは見ることが出来ない景色です。また、ホテルに宿泊すると、朝はビュッフェ形式の食事を楽しむことが出来ます。目の前でシェフが調理してくれた料理や、焼きたてのパンを食べることができるので、楽園にいる気分を存分に堪能できます。

 

member_blog_375_57bda9341fa02.jpg

 

モーベンピックにはホテルとコンドミニアムが存在します。ホテルでは、宿泊代金に様々なサービスが含まれているので(料金プランによる)、割高な値段となります。しかし、コンドミニアムは物件の所有者が直接利用者に部屋の貸出を行うので、付属サービスが無く、割安に宿泊することが可能なのです。

 

コンドミニアムに宿泊することのメリットは、自分でサービスを選べる点です。ホテルであれば何から何までサービス料を取られてしまうので、余計な費用を払う必要があります。一方でコンドミニアムであれば、もしプールや海に入りたければ利用料を払って使用することが出来ます。(無料で使用可能な共用スペースもあります。)そういった意味で必要最低限の支出で、ホテルにいるのと同等の時間を過ごすことができます。

 

member_blog_375_57bda9a7512ec.jpg

 

このようなホテルにくっついているコンドミニアムを一般的にホテルコンドと呼びます。こういった物件はホテルのブランド力があるほどに人気が出やすく、モーベンピックはその顕著な例と言えます。モーベンピックのコンドミニアム宿泊方法ですが、Airbnbというサイトから検索し、予約することが可能です。このサイトでは、住居の持ち主がネットを介して物件の貸出を行っているものです。

 

いかがでございましたでしょうか。日本はもちろん世界でも有名となったセブ。日本から飛行機で4,5時間で行けるこのフィリピンは、今後経済的に大きな成長をするでしょう。旅の思い出に是非フィリピンに遊びに来ませんか?

 

ではまた!

 

ーーーーーーーーーーーーー
▼私が挑戦するインターン先はこちら!

フィリピン|法人のフィリピン進出・移住を支援するインターンシップ
仲間を募集中です!気軽にエントリーください^^

>>フィリピン進出・移住を支援する企業の人事・メデイア運営インターンシップ
ーーーーーーーーーーーーー

 

Hideaki

お気に入り登録数:1

このタイモブログのインターンシップ情報 フィリピン進出・移住を支援する企業の人事・メデイア運営インターンシップ

関連するインターン情報

pagetop

PAGE UP