海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブインフォ/【後悔?】海外インターンで気づいた大切なことーフィリピンインターン経験者/木下 陽太

【後悔?】海外インターンで気づいた大切なことーフィリピンインターン経験者/木下 陽太

  • フィリピン
  • 虎の知恵

【後悔?】海外インターンで気づいた大切なことーフィリピンインターン経験者/木下 陽太

 

「海外インターンから何を得られるのか」「海外インターンの本音は」…

挑戦に迷っている方々が一番知りたい事ではないでしょうか?海外インターンへの挑戦に迷いのある方に読んで欲しい、先輩インターン生たちの"After STORY”vol.13

 

第13弾はフィリピンインターン経験者、木下 陽太さんです。

 

 

ー海外インターンに挑戦した経緯について教えてください

 

元々海外に興味があり、大学生になったら何らかの形で海外に行ってみたいと思っていました。留学以外にどんな選択肢があるかと思った時、大学の先輩が海外インターン行っており、タイガーモブのことを知りました。

 

英語を話せるようになりたいという思いが強かったので、英語を身につけられる海外インターンは何かと考え、フィリピンの語学学校で2か月間の海外インターンをすることに決めました。

 

 

 

ー海外インターンの内容について教えてください

 

仕事内容は、語学学校の広報や運営です。

 

広報では、語学学校のブログなどのSNSを更新し、情報発信を行いました。また、運営では生徒たちを空港へピックアップに行ったり、週末のアクティビティの運営をしたりしました。語学学校のインターンには、英語を学ぶ座学の時間が設けられていて、英語を学びながら働くことができました。

 

この英語を学ぶ時間を設けていたことは、とても良かったです。先生がこちらのレベルや求めるものに合わせてレッスンをしてくれたので、身になりました。私は日本では出来ない学びを望んでいたので、スピーキングに力を入れてもらい、話すこと出来るように練習をしました。

 

2か月英語で話すことを続けたことにより、日本人特有の英語を話すことに躊躇する気持ちはなくなりました。フォリピンでは話さないとやっていけませんでしたからね。

 

 

 

ー海外インターンの感想を教えてください

 

正直言って、インターンには後悔が残っています。

 

学校の社員は人手不足で、決まったことをすることを求められていると思ってしまい、また、自分で考えた新しいアクティビティの提案などが通りらず、インターン中はあまりやり甲斐を感じられませんでした。

 

しかし、帰国後この経験を振り返ると、インターンに後悔するというよりは、自分自身の問題だったのではないかと思うようになりました。自分からもっと働きかけて挑戦したい仕事を作ることが不十分だったから、あまりやり甲斐を感じらず熱中できなかったんだと思います。

 

”人から言われたことをだたする仕事にはやり甲斐を感じることができない。自分から主体的・能動的に働きかけることに喜びを感じることが出来る。”

 

そのことを実感できたことこそ、私がこの海外インターンで得た最大の気づきです。このことを就職する前に気がつけて良かったです。

 

 

ー帰国後の活動について教えてください

 

日本に帰国後は、日本のニュースサイトを運営するIT企業で国内インターンをさせてもらっています。海外インターンへ行く前にも国内インターンをしていたのですが、行く前後で働き方に変化がありました。

 

海外インターンへ行く前は、言われたことをやっていることが多かったのですが、海外インターンへ行った後は、考えたことや提案などを社員に伝えるようになりました。

 

自分がインターンであることは関係なく、会社にとって良いと思うことは伝えれるようになったと思います。

 

それが出来るようになったのは、海外インターンの経験を通して、その方が働くことが楽しいと感じられると気がつけたからですかね。また、今年の秋から世界一周をしたいと思っています。折角英語力を身につけたので、挑戦したいと思っています。

 

 

ーこれから海外インターンへ挑戦する人たちにメッセージをお願いします

 

海外インターンへ行って何をしたいのか、しっかり考えてから挑戦して欲しいと思います。本当にそれは海外インターンでしか出来ないのか、日本でもっとやれることがあるんじゃないか等考えてから挑戦すると満足の出来る経験を得られるのではないでしょうか。頑張ってください。

 

 

ーインタビューを終えて

 

悔しい思いを抱いて帰国された木下さん。しかし、その反省を活かして現在は活躍されています。大切なのは海外インターンから帰国した後にどう行動するかなのだということを改めて感じさせてくださいました。今後も、ますますの活躍を応援しています。

 

 

 

以上、今回のAfter STORYでした。いかがでしたでしょうか?タイモブでは、記事でご紹介したインターンシップ以外にも、世界各国でのインターンシップ情報は掲載しています。世界36カ国260件以上のインターンシップ情報はこちらをクリック!

 

そんなに選択肢があったら決められない!というあなた!!まずは気軽に相談してみてください!1人1人挑戦したいことは違っていて、1人1人行くべき場所は異なります。あなたの強み・弱みなどをお伺いしながら、やるべきことを全力で出来るようにあなたに合ったプログラムをご紹介します!

 

 

LINE・Skypeで気軽に相談!あなたにマッチしたインターンシップはどれ?

 

世界35カ国、260件以上の海外インターンシップ情報はこちらから! 

公式フェイスブックはこちら 公式ツイッターはこちら 公式インスタグラムはこちら

 

 

 

【先輩インターン生たちの"AFTER STORY"back number】

vol.12:就活を中断して2度の海外インターンへ挑戦した話ーインドネシアインターン経験者

vol.11:海外インターンで得たものは”自分で考えて生きる力”ーインドインターン経験者

vol.10:中学生の見た未来都市「深セン」ー深セン未来合宿経験者

vol.9:社会人の海外インターンータイインターン経験者

vol.8:素直にアクションすることの大切さーミャンマーインターン経験者

vol.7:JK海外インターンへ行く!ースリランカインターン経験者

vol.6:やり残したら、再挑戦すればいいーモロッコインターン経験者

vol.5:海外で働いちゃえば、他のことに挑戦するハードルが低くなるーマレーシアインターン経験者

vol.4:20歳の彼が海外就職を選んだ理由ーベトナムインターン経験者

vol.3:就活を中断して海外インターンへ挑戦した話ースリランカインターン経験者

vol.2:自分を変えたいなら、環境を変えなければいけない。ーインド合宿、深セン未来合宿経験者

vol.1:2週間で人生変えたいと思っていて、本当にそうなったーインド合宿経験者

関連タイモブログ

pagetop

PAGE UP