海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブログを読む/中国の体験談:【Vol.2】★深センTTP★ 皿回し芸人による、毎日が千秋楽日記

【Vol.2】★深センTTP★ 皿回し芸人による、毎日が千秋楽日記

そねっち@深セン ロス
  • 2018/09/07 00:00
  • 中国
  • 営業,企画・マーケティング,エンジニア,デザイナー,新規事業,社長直下
  • インターン後

■Vol.2 「期待と不安」

<主なスケジュール>

 

・成田から香港へのフライト

 

・香港から深センへの国境越え

 

・オリエンテーション

 

・チェックイン

 

 

・当日は九州エリアの台風の影響もあり、予定よりも1時間ほど遅れて香港空港へ到着しました。ハブ空港としての広さに、これからからの旅のスケールの大きさを期待せずにはいられませんでした。

 

※ちなみに、不慣れな海外渡航で荷物が多くなり、腰痛持ちのために装着した高周波治療器 コリコランくんが、最後まで大活躍でした^^

https://goo.gl/aumj24

member_blog_4324_5b93c387e0026.jpg

 

 

※今振り返ると、今回30名近くの大所帯のため、さほど違和感なく異国の地で行動できましたが、これが一人であれば全く違った体験だったかなと。そう考えると、自分の子供たちには、若いうちから海外一人旅の経験を積ませたいなと思いました。

member_blog_4324_5b91ae55e5210.jpgmember_blog_4324_5b91ae74cf2a2.jpg

 

 

特に印象深かったのは、香港から深センへの国境越えのときです。ガイドから写真撮影は厳に慎むよう指示があり、少し物々しい雰囲気になりました。共産党の国に足を踏み込んだ実感をした瞬間でもありました。

 

 

また、お恥ずかしながら衛生問題の認識が甘かった点は勉強になりました。仲間に教えてもらい、夜にあわててお店で4ℓの水を調達する一コマも。普通ランクのホテル内でシャワーを浴びる時でさえ、水が口まわりに一切ふれないようにした方が良いとのことで、慣れない緊張感を強いられました(塩沼亮潤氏の大峯千日回峰行を思い出し、、)。ホテルに来るまでの深センのきらびやかな夜の街並みとのギャップを感じずにはいられませんでした。

 

 

※この点、月並みですが、日本は恵まれているなとしみじみ感じました。また、私がとても尊敬しているマザーハウス創業者の山口さんの取り組みがどれほど大変だったのか、その偉大さを改めて思い知らされたものでした。

 

Cf/ 裸でも生きる―25歳女性起業家の号泣戦記(山口 絵理子)

https://www.amazon.co.jp/dp/4062820641

 

※水はホテル近くの個人商店で購入しましたが、現金を出すと店員のおばあさんに馬鹿にされたような顔をされ(><)、深センのキャッシュレス社会の浸透ぶりを早くも体感することができました、、。

 

 

※なお、ホテルの部屋のトイレの水が止まらず、言葉も通じず翌日まで騒音に悩まされるトラブルもあり、期待と不安のいりまじる初日となりました。(Vol.3へ続く)

member_blog_4324_5b91aec2bba33.jpgmember_blog_4324_5b91aece48a34.jpgmember_blog_4324_5b91aed6c815e.jpgmember_blog_4324_5b91aee458fe0.jpgmember_blog_4324_5b91aeef3c316.jpgmember_blog_4324_5b91aef7b1dd6.jpgmember_blog_4324_5b9273d220db4.jpgmember_blog_4324_5b91af05d543a.jpgmember_blog_4324_5b9519566dbec.jpgmember_blog_4324_5b9519689ed51.jpgmember_blog_4324_5b95197baeb0a.jpg

そねっち@深セン ロス

お気に入り登録数:0

このタイモブログのインターンシップ情報 【※好評につき増席※8月開催】深セン未来合宿!世界最速で成長する中国最新ITサ...

関連するインターン情報

pagetop

PAGE UP