海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/【オンライン】日本語で世界を繋ごう。日本の魅力発信プロジェクト。

【オンライン】日本語で世界を繋ごう。日本の魅力発信プロジェクト。

/

『全世界に日本ファンコミュニティを!』をミッションに、ASEANを中心とした日本の魅力発信拠点を構築するオンラインプロジェクト。 経産省の親日人材コミュニティ事業を担っています。コロナ禍でも日本ファンを増やしていこう!日本語教師として日本について発信してくださる方を募集します。

  • 期間:1週間以下,2~3週間,1、2ヶ月以上,3ヶ月以上,半年以上,約1年,日数・時間が相談可
  • ベトナム,インドネシア,ミャンマー,オンライン
  • 専門性を極める,海外と日本をつなぐ,複数職種に携わる

インターンシップ内容

 ◆日本語で世界を繋ごう。日本の魅力発信オンラインプロジェクト。

 「日本の国際化を通して、世界のこゝろを豊かに」

 

日本には多くの留学生が世界から集まっており、 日本政府からの奨学金、各国政府からの奨学金、民間企業・財団、私費など、 現在、日本には200,000人を超える留学生が日本に来ています。 その留学生の多くが卒業後には活躍され、母国の大事な役割を担っている方は少なくありません。

 

しかし、そのような方々と日本国とは未だに上手く連携を取れていない状況です。 そこで日本での留学を終えた卒業生がどのような活動をされているかを可視化し、さらには現役及び御卒業された日本留学生と日本企業をお繋ぎし、企業のイノベーション創造、人事制度の見直し等を通して国際化を実現していければと考えています。

 

日本の国際化をすることで、 「世界中のひとが働きたくなる国」「世界中のひとが学びに来たくなる国」「世界から信頼される国」を創り出し、 世界の平和と安定と繁栄に貢献できるよう、 日本の国際化を目指し活動しております。

 

◆オンラインプロジェクト内容

  1. オンラインプロジェクトの詳細についてはこちらをご参考にご覧ください。
  2.  弊社では各国拠点で展開している「日本語学習サポートプログラム」のオンライン化に際し、実際に教師をやりながら教材開発にも関わる事ができます。また、現在は世界中にいる日本語学習とのネットワークを活かしながら、オンラインにおける大規模な国際交流を多方面に渡り検討しております。

 

 

日本ファンコミュニティ作りインターンシップ 海外インターンシップ

身に付く力・得られる経験

・自信

・異文化理解

・業務効率性

こんな人を求めています

・日本語教育に興味がある人

・外国人との交流が大好きな人

・本気で成長したいと思う人

・素直で前向きな人

・思いっきり楽しめる人

募集要項

インターンシップ先国
ベトナム インドネシア ミャンマー オンライン
インターンシップ先都市
ヤンゴン、ジャカルタ、ハノイ、東京
インターンシップ期間

1週間〜

※関わる頻度によって期間は相談させて頂ければと思います。

インターンシップ日数、時間

要相談

報酬・手当

要相談

必要なスキル・資格

・自己管理能力

・日本語の専門性(もしあれば)

担当者からのメッセージ

組織に関わる人は多様なバックグラウンド、そして目標や夢を持っている人ばかりなので、きっと大きな刺激を受けるでしょう。また業務に関しても企画提案、プロジェクト管理など、自分の行動力次第でチャンスは幾らでも作れます。本気で挑戦したい方はご連絡をお待ちしております。

企業紹介


『全世界に日本ファンコミュニティを!』

経済産業省、文部科学省、外務省と共に世界中で親日派コミュニティを一緒に創っています。

2018年からはASEANを中心「Japan House」という日本の魅力発信拠点を構築していきます。

 

立ち上げのキッカケは創業者である大村の学生時代の実体験そのものです。

大村は学生時代(当時20歳)に、「世界一志友プロジェクト」という世界一周をしながら世界中の大学生に夢や志をインタビューして回るというプロジェクトを立ち上げました。

(立ち上げ背景については、直接本人インタビューの際に尋ねて見てください。笑)

 

そのプロジェクトでは、27カ国140大学を訪問し1,000名以上の学生と夢を語り合い、互いの志をぶつけ合いました。そこで大村は、世界中の「日本ファンの多さ」「日本語学習者の多さ」に驚き、一方で「それら多くの人たちと日本人があまりにも繋がっていないこと」に失望をしました。

なぜ、こんなにも日本のことを好いてくれている人たちがいるのに日本人は繋がれていないのか。
なぜ、こんなにも日本学習者がいるのに日本人との接点が少ないのか。

大村は世界一周から戻り就職をするものの、この想いを留めることができず、新卒で入社した会社を2年半で退職し、日本国際化推進協会を創業いたしました。

幸いにも政府予算をいただくことができていたり、日本企業様からの支援があり着実に事業規模を大きくしております。

事業内容
【親日派人材コミュニティ創成事業】
国内外の親日派人材コミュニティの創成及びマネジメントを行っております。
海外では、外国人元留学生会(日本に留学経験のある外国人留学生の同窓会組織)のコミュニティ運営や各国の大学内に日本語学習者を中心とした「日本ファンコミュニティ」の構築を行い、日本企業の魅力発信や日本語学習者と日本企業を繋げる活動をしております。
日本国内では、国内にある各国の外国人留学生会のマネジメントフォローや各大学の外国人留学生ネットワークの構築などを行っております。
従業員数
日本:24名(正社員:日本人4名、ベトナム人1名、インターンシップ生:ベトナム人3名、ミャンマー人5名、ブラジル人3名、インドネシア人3名、日本人5名)
ジャカルタ:3名(インドネシア人2名、日本人1名)
ホーチミン:2名(ベトナム人1名、日本人1名)
ヤンゴン:2名(ミャンマー人1名、日本人1名)
使用言語
社内:日本語、英語
社外:日本語、英語

●日本語:英語の割合
ミャンマー:3:7
インドネシア:5:5
ベトナム:7:3
経営者プロフィール

モットー:成功は自身に、失敗は糧に。無駄なんて一つもない!

2011年 獨協大学経済学部経営学科 卒業
   (在学中に株式会社COMUNを設立 代表取締役就任)
   (在学中にカリフォルニア大学ロサンゼルス校に留学)
   (在学中に世界一周プロジェクトを立ち上げ、27カ国を訪問)
2011年4月 株式会社COMUNを事業譲渡後、ソフトバンク株式会社へ入社
   (東京営業本部、西日本営業本部、国際営業本部、新規事業室にて従事)
2013年6月 ソフトバンク株式会社 退職
2013年8月 一般社団法人日本国際化推進協会を設立 代表理事に就任(現職)
2015年4月 文部科学省 「トビタテ留学!JAPANプロジェクト」に参画
     (プロジェクト期間中、一般社団法人日本国際化推進協会は事務局長として従事)
2016年4月 文部科学省を退官後、一般社団法人日本国際化推進協会の代表理事に再就任。

その他、早稲田大学招聘研究員、東北大学経済学部非常勤講師、株式会社grooo 社外取締役、株式会社オズアンドテック取締役、株式会社平成エンタープライズ顧問。

このインターンに応募する タイモブに相談する

関連するインターンシップ情報

関連タイモブインフォ

pagetop

PAGE UP

応募する 相談する