海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブインフォ/やればやるほど経験が結果を作っていったーベトナムインターン経験者/小林叡英

やればやるほど経験が結果を作っていったーベトナムインターン経験者/小林叡英

  • ベトナム
  • 虎の知恵

やればやるほど経験が結果を作っていったーベトナムインターン経験者/小林叡英

「海外インターンから何を得られるのか」「海外インターンの本音は」…

挑戦に迷っている方々が一番知りたい事ではないでしょうか?

海外インターンへの挑戦に迷いのある方に読んで欲しい、先輩インターン生たちの"After STORY”vol.17

 

第17弾は、ベトナムインターンシップ経験者、小林叡英さんです。

 

 

小林叡英さんプロフィール

経済学部3年生

2019.5〜2020.3ベトナムでの海外インターンシップに挑戦

 

ー海外インターンシップに関心を持ったきっかけを教えてください

 

大学の先輩や友達が海外インターンシップの経験者で、話を聞く中で関心を持ちました。

正直言って、はっきりとした目的を決めていたわけではなかったのですが、学生の内に海外インターンシップに挑戦をしよう、何かアクションを起こしたいと思っていました。

元々楽な方に流されがちな性格で、自分を180度変えるくらいの経験をしたかったので、とりあえず厳しい環境に身を置き、成長ができる海外インターンシップを希望しました

 

ー海外インターンシップの内容を教えてください

 

2019年5月~2020年3月の間、ベトナムのホーチミンで海外インターンシップを行いました。

海外インターンシップ先の企業は、海外進出を目指す日本企業といった潜在顧客への営業戦略を考え、マーケティングを実行したり、海外進出支援を行っている会社です。

今回のインターンシップで担当した仕事内容は、クラインアントからオーダーをもらった会社と交渉して、インタビューできる機会の設定をするというものです。

インターナショナルスクールに通っていたので、英語はできていると思っていたのですが、ビジネス英語は思っていた以上に難しく、特に最初のうちは東南アジア英語が分からなかったので、コミュニケーションをとることができませんでした。

仕事は電話での営業活動が多かったので苦戦をしましたが、習うより慣れろ精神でひたすら続けていたところ、1ヶ月を過ぎた頃には慣れ、コミュニケーションが取れるようになっていきました。

 

小林さんが挑戦したベトナムインターンシップはこちら→→→ベトナムでのリアルな事業開発インターンシップ

 

ー海外インターンシップで印象に残っていることありますか

 

約10ヶ月間のインターンシップの間、色々な思いを経験をしました。

特に印象に残っているのは、渡航して2ヶ月位が経った時、このインターンシップを辞めようかと本気で悩んだことです。

過程よりも結果で見られる仕事で、最初の2ヶ月の間は、ほとんど結果を出せていませんでした。

自分が期待に応えられていないことが辛く、なんでわざわざ休学してまでこんなに苦しいことしているんだろう、この仕事が合っていないのではとも考えました。

しかし一方で、ここで帰国したら海外まで何しに来たのかという思いがあり、タイモブの古田さん(※1)に相談して、とりあえず、あと1ヶ月は続けようと決めました。

すると、慣れてきたこともあってか少しづつ結果も出始め、結果として海外インターンシップ期間を延長して、10ヶ月のインターンシップを終えることができました。

今思い返すと、2ヶ月目で辞めなくて本当に良かったと思います。

※1:タイガーモブ株式会社海外インターンシップ統括

 

ー結果が出せず苦しかったと思いますが、何故乗り越えられたと思いますか

 

途中で帰国しなかったのは、負けん気からでした。

自分が成長するために海外インターンシップに挑戦しており、結果がでない中でも、成長は実感できていたので、辛い中でも楽しかったと感じていたこともあると思います。

そして何より、結果が出せず辛いのは辛かったのですが、これを乗り越えれば圧倒的に成長できると感じて、その為に来たのだから頑張ろうと思えたことが大きかったです。

この海外インターンシップを通して、結果にこだわることの大切さを実感しました。

そして、結果を出すために何をするのか、戦略的に動くようになったと思います。

電話営業する前に事前準備をしたり、うまくいっている仲間に相談して良い点を真似したりすることを積み重ねました。

海外インターンシップ前は、言われたことをやることが多かったですが、この経験を経て、目的の為には何をすれば良いのかを考えて行動するようになったと思います。

長くやればやるほど経験が結果を作っていったので、すごく楽しかったです。

 

ー帰国後は、どのように過ごしていますか

 

 帰国後も、リモートでベトナムと同じインターンシップを続けています。

日本にいながらベトナムといた時と同じ仕事ができており、日本にいながら世界に繋がっています。

10ヶ月の海外インターンシップを通して、圧倒的な成長を遂げられる環境がこのインターンシップにあると実感し、とても魅力的に感じたので帰国後も続けることを決めました。

ベトナムにいるチームメンバーとビデオチャットをしながらコミュニケーションを取り、仕事を進めています。

今後も、この仕事は続けていく予定です。

 そしてこの経験が、「5年後、10年後に社会でバリューを出せる人間になりたい。」という自分の目標に繋がると思っています。

楽な方に流されやすい性格なので、強制的に厳しい環境に身を置けるインターンシップは、目標を目指す為に役立つと思います。

 

ー海外インターンシップに迷っている人にアドバイスをお願いします

 

悩んでも何も始まらないので、取り敢えずアクションを起こしましょう。良くも悪くもやってみないと分かりません。

実際海外インターンシップを経験して、挑戦する前にイメージしていたこととは全然違いました。

仕事ができるのか不安でしたが、必死にやったら結果を出すことができ、自信に繋がりました。

この経験があるので、今後ある程度の厳しいところに行っても乗り越えられると思えます

 

LINE・Skypeで気軽に相談!あなたにマッチしたインターンシップはどれ?

世界35カ国、260件以上の海外インターンシップ情報はこちらから! 

公式フェイスブックはこちら 公式ツイッターはこちら 公式インスタグラムはこちら

 

【先輩インターン生たちの"AFTER STORY"back number】

vol.16:自分の枠の外に挑戦を!ー南アフリカインターン経験者

vol.15:海外インターンシップに行ったら未来が開けたーケニアインターン経験者

vol.14:JK行動を起こす方法を知りたかった〜ACTプログラム経験者

vol.13:海外インターンで気づいた大切なことーフィリピンインターン経験者

vol.12:就活を中断して2度の海外インターンへ挑戦した話ーインドネシアインターン経験者

vol.11:海外インターンで得たものは”自分で考えて生きる力”ーインドインターン経験者

vol.10:中学生の見た未来都市「深セン」ー深セン未来合宿経験者

vol.9:社会人の海外インターンータイインターン経験者

vol.8:素直にアクションすることの大切さーミャンマーインターン経験者

vol.7:JK海外インターンへ行く!ースリランカインターン経験者

vol.6:やり残したら、再挑戦すればいいーモロッコインターン経験者

vol.5:海外で働いちゃえば、他のことに挑戦するハードルが低くなるーマレーシアインターン経験者

vol.4:20歳の彼が海外就職を選んだ理由ーベトナムインターン経験者

vol.3:就活を中断して海外インターンへ挑戦した話ースリランカインターン経験者

vol.2:自分を変えたいなら、環境を変えなければいけない。ーインド合宿、深セン未来合宿経験者

vol.1:2週間で人生変えたいと思っていて、本当にそうなったーインド合宿経験者

関連タイモブログ

pagetop

PAGE UP