海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/タイモブインフォ/【虎のトリセツ②】いろんなリーダー、いろんなリーダーシップ

【虎のトリセツ②】いろんなリーダー、いろんなリーダーシップ

  • 虎の知恵

【虎のトリセツ②】いろんなリーダー、いろんなリーダーシップ



みなさんこんにちは、タイガーモブの中村寛大です。
虎のトリセツでは、過去3000名を超える海外インターンの参加者、及び5000名を超える学校での授業受講者と接して感じてきたことや、データから見えてきたことを、これから次世代リーダーになりたいと考えるみなさんに伝え、少しでも役に立つことを目的としています。

今回のテーマは、「いろんなリーダー、いろんなリーダーシップ」です。
これを書くのは2日目なのですが、もともと書くのが好きなので、まだまだサクサク筆は動きます。笑


ーみんなを率いたり、全てを決め、責任を取る偉い人が必ずしもリーダーの姿じゃない。

みなさんは、リーダーとか言われると、すごい人を想像しますよね。
確かに、世の中でリーダーと呼ばれている人はすごい人であることが多いですよね。

でも、僕はそうじゃないリーダーもたくさんいると思います。
Leaderは、文字通りリードする人。

定義上は、何をリードしなければいけないかなんてことは別に決まってないんです。
世の中のリーダーと呼ばれている人は、
大統領や首相など、国をリードする人だったり、
ジェフベゾスや、孫正義さんのように業界をリードする人だったりします。

彼らは、遠い人かつすごい人のように感じますが、
部活のリーダーとして存在するキャプテンのような人や、
地域のボランティアの発起人、未知のテクノロジーの第一人者、
応援団の団長、家族の旗振り役などなど。

リーダーは至る所に存在します。
何かをリードすることが大事で、それを自分で意思決定した瞬間に人はリーダーになるんじゃないかなと思います。

リーダーって聞くととても自分にはなれないものと思うかもしれませんが、
実は身近なものなんです。

みなさんは、最近何をリードしましたか?
そして、もしリーダーとしての一歩を踏み出したい方がいたら、
何かの言い出しっぺになってください。そうするとリーダーになれる可能性が高まるかも?


ーリーダーの在り方が多様だから、リーダーシップの発揮の仕方も人それぞれ。

まず、リーダーはこうしなければいけない!というルールはありません。
もちろん、リーダーシップの研究はいろんなところでなされているので、
それによって生まれたリーダーシップの考え方はあります。

でも、別にそんなの学んでなくてもリーダーにはなれるし、
リーダーシップは発揮できるのです。

子どもの頃、昼休みにドッチボールをするために、
ドドドドーーーーっっと校庭まで走って、
グラウンドに線を引いてコートを作って人を集めたり。

泣いている子がいたら、サッと駆け寄って、
声をかけてあげたり。

クラスメイトがケンカしそうになったら、
まぁまぁと仲直りをする役割を演じたり。

朝早く来て、みんなが過ごしやすいように、
綺麗に掃除をしたり。

いろんなリーダーシップが自然と存在しています。
あなたはどんな経験がありますか?
ぜひ、電車の中や、お風呂、そして寝る前、少し自分を振り返ってみてくださいね。

明日は、リーダーシップの型について1つご紹介します。

Be a Tiger!!!

関連タイモブログ

pagetop

PAGE UP