海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/【オンライン】スリランカでメディアの収益化や新事業の立ち上げプロジェクト

【オンライン】スリランカでメディアの収益化や新事業の立ち上げプロジェクト

/

スリランカにおける唯一の日本語・中国語フリーペーパーを発刊するスタートアップでのオンラインプロジェクトです。観光大国スリランカですが、新型コロナウイルスの影響をもろに受けています。スリランカ企業や現地の方々に貢献出来るよう、スリランカの魅力を発信頂きます。

  • 期間:1週間以下,2~3週間,1、2ヶ月以上,3ヶ月以上,半年以上,約1年,日数・時間が相談可
  • スリランカ,オンライン
  • 新規事業 / 拠点立ち上げに挑戦する,企画・マーケティングに携わる,複数職種に携わる

インターンシップ内容

スリランカでメディアの収益化・新事の立ち上げに携わるオンラインプロジェクト

2017年2月に創刊し、スリランカにおける唯一の日本語・中国語フリーペーパーとして発行してきました。スリランカへの観光客数は右肩上がりで、そのおかげもあり、事業も徐々に拡大していきました。ところが昨年の4月に連続爆破テロが起き、観光業界は大打撃を受け、雑誌の一時休刊を余儀なくされました。売上は半分に下がりましたが、ヨーロッパからクリスマスバケーションで観光客が戻り、2019年12月後半にはスリランカの観光業界は明るくなってきました。そして、1月の中国の旧正月になれば、スリランカの観光業界は完全に復活するだろうと思っていました。2019年4月以来、下がり続けた受注が、2020年4月号でようやく反転しました。

 

ところが、中国での新型コロナウイルスの影響で2月に観光客は大きくダウン。そして、3月にはスリランカへの入国がストップし、厳しい外出禁止令が出て、食料品の買い物や散歩でさえ、許されていません。そして、いつ終わるかも未定の状態です。雑誌の印刷もできなければ、配布もできません。せっかく増えた受注もキャンセルが続き、売上の見込みがほとんど立っていません。

 

ホテル、レストラン、ショップなどに広告を出してもらい、売り上げを得ていましたが、外出禁止により、大ダメージを受けている広告主の多くは、広告費を出す余裕はなさそうです。1年経たずして、またしても雑誌は一時休刊をせざるを得なくなりました。日本からいつスリランカに入国できるようになるのかは、日本の感染者数が落ち着かないことには、いつになるか全く分かりません。

 

そこで、ビジネスの方向を大きく転換します。

 

◆オンラインプロジェクト内容 

オンラインプロジェクトの詳細についてはこちらを参考にご覧ください。

 

◉フリーペーパーの有料化

これまで無料で配布してきたフリーペーパーを有料化し、販売していきます。 これまで広告を出してくれたお店や企業などは厳しい状況に直面しています。 クライアントが雑誌に協賛してくれたことで事業としてやってこれました。

今、やるべきことはクライアントの売上に寄与していくことです。 それはこれまでもやってきたことですが、先にお金をいただく広告モデル以外のものも提供していきます。 それは具体的に何なのかを考え、新しい事業モデル(BtoB事業)を形にしていくのがこのオンラインプロジェクトです。

 

一方で、これまで無料でご覧いただいていた読者の方々には、お金を払ってでも読みたいと思ってもらえる、価値のある記事、雑誌作りに取り組む必要があります。 取材、記事執筆、撮影、編集、デザイン、制作と各工程をこれまでよりも高い品質に引き上げる必要があります。

 

今、スリランカ在住の人たちは一歩も外出することができず、大変な状況にあります。 スリランカファンのスリランカ国外にいる人は、行きたくてもスリランカに行くことができません。

 

そんな中、スリランカの役立つ情報、楽しく面白い情報を届け、日々の生活に少しでも潤いと刺激を与えられる雑誌を作っていきます。 これまでよりも読者と距離の近い、コミュニテイー志向の顔の見える雑誌としての性格が高まっていくでしょう。 雑誌を購読いただくので、マーケティングも大切な役割です。 雑誌の有料化の鍵を握るBtoC事業を共に立ち上げる仲間を募集します。 基軸となるメディアはebookですが、それ以外のメディアの展開、活用も視野に入れていきます。

 

ウェブサイトの収益化(個人旅行者のサポート)

これまでウェブサイトでは収益をあげず、フリーペーパーを補完をするメディアとして、インスタグラム、ツイッターとともに運営し、スリランカに興味を持ってもらうこと、スリランカ旅行のお役立ちコンテンツを提供してきました。 そのウェブサイトを収益化させていくオンラインプロジェクトです。

 

収益化の方法は3つです。 1つ目がグーグルアドセンスやアフィリエイト広告などのネット広告。2つ目がウェブサイトに記事広告を載せたり、バナー広告を載せる企業広告。3つ目が旅行商品の販売と個人旅行のサポートです。

 

ネット広告はすぐに始められます。アクセス数が増えれば収益が伸びますので、見られるコンテンツを企画し、作成していきます。 ただ、これは現在は金額が小さいです。 2つ目はある程度の金額は見込めますが、新型コロナウイルスの影響後でも広告を出したいと考える企業を探し、適切な広告を作っていくことが必要とされます。

 

注力をしていきたいのが3つ目の旅行商品の企画販売・個人旅行のサポートです。 個人旅行のサポートで主軸になるのは、移動手段のアレンジ(車の手配)です。 スリランカは移動手段が便利ではなく、車の手配が必要になるケースが多くあります。 移動手段の手配は旅行会社さんやレンタカー会社さんが得意とする分野です。 それらの会社さんは雑誌事業の広告主でもあり、お客様でもあります。 ここの旅行分野は、旅行会社さんやレンタカー会社さんと提携して、サービスを提供していきます。

 

旅行商品の企画販売では、現地で雑誌を発行しているからこその繋がり、情報を元にオリジナルティーのある、差別化された商品を企画、販売していきます。

・Airbnbの体験

・ロコタビ

・BUYMA TRAVEL など

現地在住者が主催する旅行・体験を販売、マッチングするサービスがあります。 これらのサービスも活用しながら、自社サイトでも旅行商品を企画し、販売していきます。

 

旅行資源が多いスリランカには、目的がピンポイントで明確な個人旅行、テーマのある旅が増えています。 例えば、以下のようなものです。

・アーユルヴェーダ、ヨガ、マインドフルネスについて学ぶ

・ジュフリーバワ建築など建築を巡る

・スリランカカレー、スリランカ料理を学ぶ

・紅茶(セイロンティー)について学ぶ

・仏教について学ぶ ・ジュエリー、宝石について知る

・素敵なスリランカのアート、テキスタイルを見つける

・スリランカのソーシャルビジネスを知る ・スリランカのスタートアップ、大企業を訪問する

・進出日系企業、日本人起業家を巡る

・サーフィンスポットをひたすら巡る

・英語留学、ホームステイ ・シンハラ語、タミル語を学ぶ

・最大都市コロンボの魅了と可能性を知る など

スリランカに旅行に来る人にだけではなく、スリランカに在住する人でも参加をしたくなるような「濃い」旅行商品を作り、販売していきます。 日本にある研修会社や大学などの教育機関、特定のサービスを提供する企業と提携して商品を作るのも良いでしょう。

 

スリランカ スリランカプロジェクト

身に付く力・得られる経験

・新規事業の立ち上げ

・事業の収益化

・メディアの企画、運営

・ウェブマーケティング

・自ら学び、自ら考え、自ら形にして、結果がダイレクトに返ってくる経験

 

確立されたノウハウや教育制度があるわけではなく、 インターンシップ生には会社の一メンバーとして参画していただき、一緒に議論し、ともに学びながら、事業を展開していきます。勉強にくるというスタンスだとご期待には添えません。実践経験を積みながら、裁量権を持って経験を積みたい人には良い環境だと思います。

こんな人を求めています

いずれかに当てはめまる人

・雑誌が好き

・ウェブメディアが好き

・旅が好き

・新しいことに挑戦したい

・写真が好き

・文章を書くのが好き

・デザインができる

・プログラミングができる

・インスタグラムやツイッターが好き

・英語で文章が書ける

・中国語で文章が書ける

・セルフモチベートできる人

・独習ができる人

 

これまで私たちは3年間で81名のインターンシップ生を受け入れました。 ウェブサイトをゼロから立ち上げのも、ウェブサイトのリニューアルをしたのも、インターンシップ生です。 インスタグラムの運用、ツイッターの運用を始めたのも、動画作成を始めたのも、インターンシップ生です。 フォトグラファーとして就職予定の大学生がインターンシップをしたこともあります。 中国語ができるインターンシップ生に中国語の記事の作成をお願いしています。 インターンシップ生のやりたいこと、できることと、会社としてやりたいことが重なるものはどんどん任せます。 何かやりたいこと、できることを持っている人の応募をお待ちしています。

募集要項

インターンシップ先国
スリランカ オンライン
インターンシップ先都市
コロンボ
インターンシップ期間

1週間から1年間

※期間や頻度はご相談ください。

インターンシップ日数、時間

仕事内容、スキルによって調整(面接で話し合い、その後は仕事しながら調整)

報酬・手当

仕事内容による(今いるインターン生にはアウトプット、あるいは売り上げに応じて用意しています)

必要なスキル・資格

上記の「こんな人を求めています」を参照

担当者からのメッセージ

通常は変化をすることに対して抵抗が大きくあります。しかし、今は良くも悪くも変わらないといけない状況にあり、新しい挑戦が応援される特別な環境があります。この機会を大いに活用するべきと思います。そして、これまでのやり方を変えないといけない今は、若い人・新しく始める人にチャンスをもたらすとも言えます。オンラインプロジェクトも前例のない新しい挑戦です。前例がないからこそ価値がある。そんな前向きな人の応募をお待ちしています。

企業紹介


スリランカで唯一の日本語フリーマガジンを発行してきました。昨年後半から中国語の記事も加えて、在住の中国人の方々にも情報を届けていくことを始めました。スリランカの旅行、生活を楽しくする情報を届けていきます。

事業内容
日本語フリーマガジンの発行、スリランカ情報発信メディアの運営
従業員数
経営者1名(日本人)、外部デザイナー1名(スリランカ人)、インターン生数名(日本人)
使用言語
社内:日本語
社外:英語9割、日本語1割
経営者プロフィール

【モットー】

 Spice up your life!

(もっと面白い毎日を!)

 

【経歴】

法政大学社会学部を卒業後、新卒一期生として株式会社ジョブウェブに入社。マーケティング部マネージャー、新卒採用支援事業部長、有給インターンシップ事業部長を経て、海外インターンシップ事業・海外研修事業を立ち上げ国際事業開発部長に。海外インターンシップを20カ国以上に展開し、海外研修を7カ国9都市で実施。2015年に独立して、公益財団法人日本ユースリーダー協会にてASEAN諸国との国際交流・研修事業を担う。2017年1月にスリランカにて会社を設立。2017年2月にスリランカ唯一の日本語フリーペーパーSpice Up Sri Lankaを創刊。

このインターンに応募する タイモブに相談する
pagetop

PAGE UP

応募する 相談する