海外インターンシップ、海外インターンコミュニティはタイガーモブ

TOP/海外インターンシップを見つける/【10/26~11/6開催!】オンラインSDGsキャンプ 『Online ACT』2nd batch

【10/26~11/6開催!】オンラインSDGsキャンプ 『Online ACT』2nd batch

/

世界の問題を解決するのは誰だ?それはあなたかもしれません。年齢や性別、国籍は一切関係ありません。バーチャルでバリの現状を捉え、自分たちの身の回りでできるアクションを実践する。この夏、目一杯考えて、世界でアクションを起こしている人から刺激を得て行動する機会がここにあります。

  • インドネシア,オンライン
  • 社会課題解決/SDGsに挑む,短期合宿型

研修内容

 

 

Problem:

Bali produces more than 1300 M3 of waste per day, that is the same filling an entire soccer field with waste everyday! 

バリでは、1300立方メートル、なんとサッカー場を埋め尽くすほどの廃棄物が、毎日排出されています。

 

 

Most waste in Bali is unsorted. Some of it burned at home, some dumped illegally on empty field or river, and many ended up on the landfill; a trash mountain that keep on growing every day, with no solution.

ほとんどのゴミは分別されません。家庭で燃やされることも、空き地や川に不法に捨てられることもあり、多くはゴミ山に捨てられていきます。山はどんどん大きくなりますが、解決策はいまだ見出されていないのです。

 

What you will gain from this experience:

1.Skills for launching online campaigns for Sustainable Development Goals (SDGs) 

  1. 2.Opportunity to learn directly from four successful change-maker organisations: su-re.co, Bye Bye Plastic Bags Bali, Malu Dong Community and CINEMAWITHOUTWALL
  2. 3. International problem solving experience, including conducting interviews in English, Generate ideas and prototype, Innovation pitching, and Media & Content Creation
  3. 4.Contribution towards a sustainable society

1.SDGsのオンラインキャンペーンを開始するためのスキルを得ることができます。

2.環境分野において成功をおさめたチェンジメーカーや団体から直接学ぶ機会を得ることができます。

3.英語でのインタビューやアイディアを生み出し、プロットタイプを作成すること、イノベーションの提案、そしてメディアとコンテンツ作りなど、国際的な課題解決の経験をすることができます。

4.持続可能な社会への貢献をすることができます。

 

Solution - See and Act with Film!

     

As a global youth, you can make a difference with only your smartphone! 

You may ask, “but we cannot travel to Bali, how can we make a change”?

Sustainability and Resilience co. (su-re.co), an environmental Think-Do-Be tank members, led by Dr. Takeshi Takama who is an International Climate Change and Environment expert with an Environment PhD from Oxford University, will help you feel like you are in Bali. 

 

You will SEE what is happening in balinese household, conduct VIRTUAL INTERVIEW with local balinese, local NGO, youth changemakers and private waste management company, and THINK of ideas local balinese can do to solve their waste problem.

You will also help us by capturing your waste story from your country. Most Indonesians are not familiar with separating their waste. So you need to capture your ideas in VISUALS that can be: video, drawing, photo, prototype, etc.

The founder of CINEMAWITHOUTWALL, a multimedia crowdsourcing hub that uses visuals to make social impact based in Bali, will help you curate and edit your idea to form a powerful message that will be understood easily for local community.

グローバルユースとして、スマホ一つで現状を変えてみませんか?

「バリに行けないのに、どうやって?」そう思う人もいるかもしれません。

英国オックスフォードの環境学博士取得(オックスフォード神戸奨学生)した経済環境学専門の高間博士が率いる、現地の環境社会的企業であるsu-re.coの協力で、オンラインでバリの現状を体験。

バリで起こっていることを「見て」、現地企業やNGO、若手活動家に「バーチャルインタビュー」を実施し、アイデアを生み出します。

      

 

Observe - Orient - Decide and ACT!

-Observe

Enter the island of Bali, where strong tradition meets South East Asia’s largest economy. You will be observing….

 

Inside the typical Balinese Household. 


A bustling scene at Bali’s largest fruit and vegetable market

(source: https://wisatatempat.com/belanja-murah-di-bali/)

A Hindu praying ceremony


Waste management areas - Official and unofficial

東南アジア最大の経済と強い伝統文化を持つバリ島。そこで典型的なバリ島の家の中であったり、賑やかなバリ島最大の野菜とフルーツの市場やヒンドゥー教の礼拝セレモニー、そして公式/非公式の廃棄物管理場所を見学することができます。

-Orient

You will analyze your findings, and identify bottlenecks. You will receive workshops by four notable sustainability and social change-maker organisations based in Bali.

調査結果を分析し、課題解決の妨げとなっているものを特定します。そしてバリ島に拠点を置く4つの団体のワークショップを受けることができます。

-Decide

In the second half of the program, you will create a visual prototype (can be a poster, video, comic, etc.) based on your observations. You will be aided by professional film makers and graphic designers to create your content!


You will test the suitability of the prototype with real-life Balinese people and your mentors, who will be the user of your campaign. 

プログラム後半では、調査結果に基づいてビジュアルプロットタイプ(ポスター、動画、漫画など)を作成してもらいます。

プロットタイプ作成にはプロの映画製作者やデザイナーたちが手助けをしてくれます。

そして、実際にキャンペーンのユーザーとなるバリ島の人々とプログラムのメンターにみなさんが作成したプロットタイプをテストしてもらいます。

-ACT!

You will present your final prototype in front of the judges, the winning campaign will be launched for real by su-re.co, Bye Bye Plastic Bags Bali and Malu Dong Community!

 

Mentor:su-re.co’s Radhya and Maya have mentored multiple field researches, international workshops, internships and innovation camps. Together they will help participants connect on a deeper level to Bali’s local community. As part of the business team, Radhya and Maya are practitioners of OODA Loop themselves as they continue to improve su-re.co’s climate smart gifts: su-re.coffee and su-re.cocoa. They will guide participants to create their own feasible yet innovative campaign tailored for the Balinese community.


CINEMAWITHOUTWALL’s founder Caecilia was able to host an international film lab attended by participants from 7 countries by the time she was 25!   CINEMAWITHOUTWALL is now a multimedia crowdsourcing hub that uses visuals to make social impact based in Bali. In the program Caecilia will help you create and edit your idea to form a powerful message that will be understood easily by the local community.

最終的には、審査員の前でそれぞれのプロットタイプを発表してもらい、優秀作品は、実際に su-re.co, Bye Bye Plastic Bags Bali and Malu Dong Communityで本格的にプロジェクトが開始されます!

メンター:su-re.coのRadhyaとMayaは複数の実地調査、国際的なワークショップ、インターンシップ、そしてイノベーションキャンプでメンターの経験を積んできました。彼女たちはバリ島の地元コミュニティーと深く関わってもらえるようサポートします。

ビジネスチームの一員として彼女たちは、su-re.coの環境に優しいコーヒーやチョコレートの改善を続けるOODAループの実践者です。彼女たちは、バリ島のコミュニティーに合った実現可能で革新的なキャンペーンの作成を参加者ができるよう導きます。

CINEMAWITHOUTWALLの創始者であるCaeciliaは25歳で7カ国から参加者が集まる国際映画ラボを主催しました。CINEMAWITHOUTWALLは現在、バリ島を拠点にビジュアルを使って社会に影響を与える複数のメディアのクラウドソーシングのハブとなっています。

このプログラムでは、参加者それぞれが持つ強いメッセージが簡単に地元のコミュニティーで理解してもらえるようにCaeciliaは参加者のアイディア出しと編集を手伝ってくれます。

 

It does not stop here!

After the campaign is launched, we will track how much of a change the campaign make, gather the data again and find out more problems that we will solve together!

キャンペーンはプログラム後も続きます。あなたのアイデアで、実際バリでどんな変化がおこるのでしょうか?

 継続的にデータを集め、さらなる課題を一緒に解決していきましょう!

 

 

It is possible to interview the following organizations and activists.

  1. 下記の団体やアクティビストにインタビューが可能です。
    • su-re.co  
    • Bye Bye Plastic Bags 
    • Merah Putih Hijau 
    • MALU DONG Community 
    • Taro Village  
    • Participants of online ACT Batch 1 
    • Coffee Farmers 
    • Rice Farmers 
    • Etc. 
  1. etc…
  2.      
      

 

The following places allow you to experience visiting while you are in Japan.

  1. 日本にいながら、下記の場所に「訪問」できます。
  1. Garbage Mountain
  2. Polluted Rivers
  3. Trash-filled Beach
  4. Farmers with no lifeline
  5. etc…
  6.      

身に付く力・得られる経験

Leadership  

  • ・English  
  • ・Time Management 
  • ・Problem Solving 
  • ・Teamwork 
  • ・Global Mindset 
  • ・Effective communication (oral presentation and communication) 
  • ・Networking (organization, local people, community, and foreigner) 
  • ・Generating new content (online campaign and video making) 
  • ・Discussion with expert 
  • ・Knowledge in environmental issues 
  • ・Indonesian culture 

こんな人を求めています

  • ・Eager to learn and actively experience new things  
  • ・Interests on social issues & community development 
  • Passionate to tackle climate change issues 
  • ・Wants to create sustainable energy 

募集要項

研修先国
インドネシア オンライン
研修先都市
Canggu,Bali
研修期間

26th October - 6th November 2020

 

  • 26th of October (Mon):
  • Online welcome dinner and sharing session of global issues (5 PM – 6.30 PM/JST) 
  • 27th of October (Tue):
  • Indonesia – Japan Waste Management comparison (5 PM – 6.30 PM/JST) 
  • 28th of October (Wed):
  • Develop project and campaign idea and research questions for Bye Bye Plastic Bags (5 PM – 6 PM/JST) 
  • 29th of October (Thu):
  • Discuss findings with youth changemakers! (Presentation by ByeByePlasticBags and Merah Putih Hijau) (5 PM – 6.30 PM/JST) 
  • 30th of October (Fri):
  • Workshop and sharing session from onlineACT Batch 1 participant (5 PM – 6 PM/JST) 
  • 2nd of November (Mon):
  • NGO's virtual interview session with MALU DONG Community (5 PM – 6 PM/JST) 
  • 3rd of November (Tue):
  • Mentor consultation and develop 1st draft of the project (5 PM – 6 PM/JST) 
  • 4th of November (Wed):
  • Sharing session to assess the previous activities, participants ideas, finalize campaign video (5 PM – 6.30 PM/JST) 
  • 5th of November (Thu):
  • Final presentation practice and TED Talks lesson (5 PM – 6 PM/JST) 
  • 6th of November (Fri):
  • Final presentation and online farewell dinner (5 PM – 6 PM/JST) 
研修日数、時間

10days on weekdays, maximum 2 hours each day

報酬・手当

Unpaid

Participation fee: 

70,000 yen excluding tax (50,000 yen for students)

 



必要なスキル・資格
・Passion to solve social and environmental problems
・English level of daily conversation

主催者紹介

---------------------------------------------

主催:タイガーモブ株式会社

---------------------------------------------

  

 

--------------------------------------------

主催(現地パートナー):Su-re.co
--------------------------------------------

 

 

Su-re.co(Sustainability and Resilience.Co)は、2015年に設立されたインドネシアのバリ島に拠点を置く環境シンクタンクです。気候変動の適応と緩和を専門としており、JICAや国際機関など多くの国際的プロジェクトに参画しています。また、”Think”タンクとしてではなく、”Do”タンクとして、現地のパートナーと実際にアクションを起こすプロジェクトにも取り組んでいます。

 

【メンター紹介】高間剛 - CEO, Sustainability and Resilience.Co

 

 

 

1973年愛知県生まれ。英国オックスフォード大学大学院博士課程修了。経済地理学博士。インドネシア・バリを拠点とする環境シンクタンク Sure-co CEO。気候変動・環境分野の専門家として、国際的なシンクタンクであるストックホルム環境研究所やJICA、国連など多くのプロジェクトに従事。

 

参加者の声

◆参加者の声

私が学んだ一番大きなことは課題の解決方法です。これは、このプログラムの中で私が求めていた最大のものなので、実際に現地に足を運ばないとわからないなど、これを学べたことはすごく大きかったと思います。

 

また、このプログラムで他に学んだことは私自身についてでした。今まで私は外に出るのが怖く、あまり好きではありませんでした。しかし、このプログラムではみんな事前研修の時に会っただけなのにこんなに仲良くなれてとても充実した時間を送れました。ここから学んだことは、本当は外に出て新しいコミュニティーに入ることはこんなにも楽しいことだということです。これからも自分のアンテナを外に外に張っていきたいです。

次に、このプログラムで気づいたことは自分自身についてのことが多かったです。一番大きかったのは自分の可能性についてです。今までは、ずっと学校内にいて外に出る機会が多くなく、周りも自分よりすごい生徒に囲まれており、その人たちに比べたら、と思うこともありました。

 

ですが、このプログラムで予想以上に必死な自分がいて、プレゼンの時の現地メンターの方からの質問にも一人で答えてしまうなんて全く思ってもいませんでした。なので、振り返りの時にみんながみんなに言い合ったように、自分が思うより自分にできることは少なからずあるんだと感じました。

 

これからは自分の可能性をもっと信じて外に出て、恐れたりせず、自分のやりたいことをバンバンやっていき挑戦し続けたい思います。

 

 

◆荒畦 悟さんからの応援メッセージ

 

 

高校生のGROWTH HUB主催 荒畦 悟 さん

(トビタテ!留学JAPAN事務局勤務)

 

高校時代の海外体験は、短い期間であっても若い好奇心や感受性を刺激し、 その後の進路選択やモチベーションに大きな変化を生むことは間違いありません。 また、高い目標、志をもつ先輩や仲間と出会えるコミュニティにこのタイミングで出会えることは、その後の人生の選択肢を増やすことに繋がり、皆さんの価値観を広げ、成長を加速させてくれるでしょう。

 

参考リンク:https://m.facebook.com/groups/2073042522985374

タイモブからのメッセージ

同世代だけでなく、海外で出会う全ての人との出会いも大きく影響してきます。20歳までの間に出会う大人は家族や親戚、学校や課外活動の先生など多くても30人くらいかと思います。その結果、おのずとそこで出会った大人たちの生き方に影響を受けることも少なくはありません。

 

だからこそ、学生時代にはできる限りたくさんの大人に出会うことが大切です。そうすることで、こんな生き方もあるんだ!と先入観を打ち破ることができますし、こんな人生を送りたい!こんなことに挑戦したい!と選択肢が増えていきます。もちろん、これが日本だけでなく海外というフィールドに広がれば、自分も人生の選択肢もおのずと増していくことでしょう。

今すぐ申し込む オンラインで話を聞く
pagetop

PAGE UP

申し込む 話を聞く